JCBプラチナで使えるプライオリティパスとは?どのようなメリットがある?

JCBプラチナカードは、プライオリティパスという特典を用意しています。この特典は、旅行の際にゆっくりと寛げる場所を得られるメリットを得られます。また、JCBプラチナカード限定で、同伴者も利用できるメリットがあります。

ここではJCBプラチナカードのプライオリティパスについて紹介する他、利用する際の注意点についても説明します。

JCBプラチナカードではプライオリティパスが使える

JCBプラチナカードは、プライオリティパスを特典として用意しています。この特典は、空港のラウンジを利用できるシステムで、他の人とは別の場所で待機できるのです。

空港というのは、場所によっては待機するところが殆どない場合もあります。そうした時に便利なのがラウンジですが、利用するためにはクレジットカードのランクが重要となります。ランクの低いカードを持っていると、利用を断られるラウンジも多数あるのです。

JCBプラチナカードは、最高クラスのランクを持ったカードです。ラウンジを利用するのは非常に簡単です。保有しているだけで、ラウンジを気軽に利用できるのはとてもいいことでしょう。

プライオリティパスが持つメリット

JCBプラチナカードが持つプライオリティパスのメリットは、空港のラウンジを無料で使えるという良さがあります。無料で利用できる点は、予算的にも安心できる点ですし、何よりも気軽にラウンジを使えるのです。

また、ラウンジ内のサービスは無料で提供されています。無料で何でも利用できるのはいいもので、欲しい物が簡単に利用できます。色々なものが用意されているため、ラウンジでは不都合な点を感じないでしょう。

空港のラウンジが無料で使える

空港に用意されているラウンジが無料で使えます。JCBプラチナカードを持っている人は、予約を入れれば無料で使えるようにしてくれます。カードを保有している人は、空港のラウンジの予算等を考えず、ただ利用するための連絡を入れれば簡単に利用できるのです。

どの空港にも、海外の方やビジネスマンを中心に使えるラウンジが用意されています。ラウンジを利用するためには、お金を払うように求められる場合もありますが、JCBプラチナカードを持っていれば、その費用はカード会社が負担してくれるので、安心して利用できます。

なお、一部のラウンジはカードのブランドが限定される場合もあるため、利用する場合は事前に確認をとっておきましょう。

ラウンジ内のサービスも無料で利用可能

ラウンジ内に置かれているものは全て無料で利用できます。飲食も無料で提供されていますし、雑誌や新聞などのサービスも無料です。利用料金以外にも、無料で使えるものが多数用意されているのは非常にいいことで、快適にラウンジを利用できるのです。

用意されているものですが、何も言わずに利用しても問題はありません。もちろん利用しないで、座る場所だけ提供してもらうことも可能です。ラウンジの使い方は自由に決められるため、用意されているものを駆使して、待ち時間を有効に使うといいでしょう。

ラウンジの費用はカードの年会費等から捻出されているため、最初からお金のことは気にしなくても良いのです。必要なものを上手に使いましょう。

同伴者も無料でラウンジが利用できる

これはJCBプラチナカードだけのメリットです。カードを持っている人以外にも、同伴している人も無料でラウンジを利用できます。同伴者もラウンジでゆっくり待つことが可能となりますので、旅行の際にバラバラになる必要がありません。

ただ、JCBプラチナカードを持っている人が一緒に利用していなければ、同伴者はラウンジを利用できません。利用する場合は、必ず同伴者にもラウンジに入ってもらい、カードを提示して貰う必要があります。

JCBプラチナカードでプライオリティパスを使う際の注意点

様々なメリットを持っているJCBプラチナカードですが、プライオリティパスを利用する際には注意が必要です。特に注意したい点として、保有者がラウンジを利用する必要があります。カードを保有していない人にJCBプラチナカードを貸し出し、ラウンジを利用するという方法は使えません。

また、代表者が申し込みをしなければ、無料でラウンジを利用する方法は使えません。どうしても無料で使うのであれば、JCBプラチナカードを持っている人が連絡を入れましょう。

保有者がラウンジを使わなければならない

JCBプラチナカードの保有者がラウンジを使わない場合、プライオリティパスは使えません。プライオリティパスは、基本的に保有者が利用する前提で作られています。保有者以外がプライオリティパスを使い、無料でラウンジを使うことはできません。

なぜかというと、JCBプラチナカードを貸し出し、無料でラウンジを使わせる行為が禁じられているためです。貸し出しを認めてしまうと、誰でもラウンジを利用できてしまう問題があります。この結果、カードの信用性が失われるほか、金銭面の負担がカード会社へ起きてしまうのです。

こうした理由により、JCBプラチナカードを持っている人以外は、基本的にラウンジは利用できない仕組みとなっています。

同伴できるのは1人まで

同伴でラウンジに入れるのは1人までとしています。2人以上の利用は無料では使えず、お金を払ってラウンジを使うこととなります。場合によっては、ラウンジが使えない場合もあるため、事前に同伴する人を決めるなどして、安心して使えるようにしましょう。

同伴する人が2人以上である場合は、他にJCBプラチナカード、もしくはJCBゴールドカード等を保有し、カード保有者がラウンジを使うように調整しなければなりません。それ以外は同伴者が有料でラウンジを使うこととなります。

代表者が申し込まなければ利用できない

JCBプラチナカードを持っている人が、代表者としてラウンジを使うように求めなければなりません。予約を入れなければ、JCBプラチナカードを保有している場合でも、ラウンジを使えない場合があります。この理由ですが、ラウンジを利用する人が多くなると、利用できない可能性がでてきます。

空港のラウンジ等は、あまり広いスペースが確保されていません。そのため、あまりにも多くの人が入ってしまうと、満席となり使えなくなってしまいます。満席で利用できない問題を避けるため、事前に予約を入れて、利用できるか判断しているのです。

どうしても利用する場合は、JCBプラチナカードを持っている人が連絡を入れましょう。

プライオリティパスを上手に使うコツ

JCBプラチナカードを保有している人が、プライオリティパスを上手に使うコツとしては、家族カードを発行するという手段があります。家族カードを持っている人は、JCBプラチナカードを持っている人として判断されるため、個別にプライオリティパスを使えるようになります。

また、JCBプラチナカードを持っている人と旅行に行けば、プライオリティパスを活用できます。自分が持っていない場合でも、JCBプラチナカードを持っている人がプライオリティパスを適用させ、ラウンジを使えるようになります。

JCBプラチナの家族カードを発行する

JCBプラチナカードは、家族カードも発行できます。家族カードも年会費を取られてしまいますが、プライオリティパスの機能は家族カードにも適用されます。つまり、家族カードを持っている人は、無料でラウンジを使えます。

同伴者1人だけしか無料でラウンジを使えないため、家族全員でラウンジを利用できないケースが多々あります。しかし、JCBプラチナ家族カードによって、保有している人がプライオリティパスを適用させれば、無料でラウンジを使えるようになるのです。

家族で旅行したいと考えているとき、家族カードでJCBプラチナの機能が使えれば、快適にラウンジを利用できるでしょう。事前に家族カードについても検討してください。

JCBプラチナカードを持つ人と旅行する

JCBプラチナカードを持っている人を見つけ、旅行に行くといいでしょう。これは、JCBプラチナカードを保有していない人がラウンジを使えるメリットを得られる他、同伴者が多くなった場合でもラウンジを使うために重要な方法です。

複数の人がJCBプラチナカードを持っていれば、大人数で旅行をする際もラウンジを使えます。JCBプラチナカードを持っている人が、全てプライオリティパスを使い、同伴者と一緒にラウンジを使うように事前に連絡しておけばいいのです。これにより、多くの人と旅行へ行く場合も、ラウンジを気軽に使えるメリットが生まれます。

なお、人数が多すぎる場合、プライオリティパスを使えない場合もあります。時期によっては利用が困難となるケースに気をつけておきましょう。

まとめ

JCBプラチナカードが持つプライオリティパスは、旅行の際に非常に使いやすいものです。また、旅行を快適にさせてくれるメリットを得られるため、これまで旅行で苦労していた人にとっては助けになるでしょう。

ただ、利用する際には注意すべき点が多数あります。JCBプラチナカードを保有している人が、率先して連絡を入れるなど、しっかりした対応でプライオリティパスを使うように心がけてください。

JCB プラチナ徹底紹介JCB プラチナは審査が通り易い注目のステータスカード!2019最新情報完全版