楽天ゴールドカードの年会費はいくら?元は取れる?

楽天カードよりランクが上のクレジットカードは「楽天ゴールドカード」になります。

楽天ゴールドカードは年会費無料の楽天カードとは違い、年会費がかかってきます。しかし、年会費がかかる分、楽天カードとは違う特典が付いていて、年会費を支払っても最終的にはお得になる人もいるはずです。

ここでは楽天ゴールドカードの年会費に注目し、年会費の元はどうしたら取れるのか?という検証に加え、楽天ゴールドカードの魅力について迫っていきたいと思います。

楽天ゴールドカードの年会費はいくら?

Person Holding 100 Us Dollar Banknotes

楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)です。一種のステータスとも言えるゴールドカードを年会費2,200円(税込)で持てるのは魅力的です。

ちなみにもう一つランクの高い「楽天プレミアムカード」は年会費11,000円(税込)なので、楽天プレミアムカードと比べても、楽天ゴールドカードの方がお手頃な年会費で持ちやすいゴールドカードと言えます。

また、楽天ゴールドカード会員はETCカードの年会費が無料になる特典があります。楽天カードでETCカードを作ると年会費が550円(税込)かかってくるので、楽天カードでETCカードを作っていた人の場合は、実質楽天ゴールドカード年会費が1,650円(税込)となり、より安い年会費でゴールドカードを持つことができるでしょう。

楽天ゴールドカードの年会費の元はすぐ取れる?

楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)とお手頃価格のため、元はすぐ取れます。

まず、飛行機を使った旅行に年に2回以上行く人であれば、楽天ゴールドカードについている国内およびハワイ・韓国の空港ラウンジが年に2回まで使える特典を利用して空港ラウンジを利用すると、元は取れます。多くの空港ラウンジの利用料金が約1,000円程度なので2回使うと元が取れる計算です。

さらに、楽天市場で年に11万円以上買い物をする人は年会費のことは気にしなくて良くなります。

楽天ゴールドカードは通常の楽天カードより、100円につき2円多く貯まるようになっているので、年に11万円買い物をするとちょうど2,200ポイント分楽天カードより多くポイントが付き、年会費の元が取れるのです。ETCを有料で作っていた人はもう少し安い買い物で元を取ることが可能です。

楽天ゴールドカードの年会費以上の魅力

楽天ゴールドカードは楽天カードと違い、カードの色がピンクがかったゴールドです。明らかに楽天カードのシルバーより高級感があります。一種のステータスであるゴールドカードを持つという夢が、楽天ゴールドカードで叶うのです。

通常ゴールドカードと聞くと審査が厳しく、年会費も高いので富裕層でしか持ちにくいカード、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし楽天ゴールドカードは審査がそこまで難しくなく、普通の人でも持ちやすいゴールドカードとなっています。

また、楽天市場での買い物でもらえるポイント付与が、楽天カードでは100円で3ポイントですが、楽天ゴールドカードだと、1,000円で5ポイント獲得できるので、上記に記載した、年に11万円以上の買い物で年会費の元が取れる計算を越して、それ以上の買い物をすればどんどんとポイントが貯まるようになっています。

多くの買い物を楽天市場で済ますという人にとっては魅力的な特典です。

まとめ

年会費のかかる楽天ゴールドカード。年会費無料のカードも多いので、年会費は払いたくないという人も多いかと思いますが、実際は年会費がかかってもお得になっている人がいるのです。

さらに、楽天ゴールドカードは他のゴールドカードと違い、年会費も安いのでお得になる人はもっと多いと考えられます。

飛行機で旅行をする頻度、楽天市場で買い物をする値段などを検討し、年会費以上にお得になる人はぜひ、楽天ゴールドカードを選択してみてください。

楽天ゴールド完全版楽天ゴールドカードのすべてわかる!2019年最新情報を徹底調査!あなたの知りたいにすべて答えます!