楽天カードとヤフーカードのどちらがおすすめ?ポイント還元率や付帯サービスなど徹底比較

定番で人気のクレジットカードに「楽天カード」と「ヤフーカード」がありますが、この2枚で悩んでいるといった方も少なくないのではないでしょうか。

楽天カードとヤフーカードはお得で使い勝手の良い2枚なだけに、どちらを契約すればいいのか分からなくなってしまいますよね。

そこで今回は、楽天カードとヤフーカードをポイント還元率や付帯サービス、国際ブランドなどの項目別に徹底比較してみました。

この2枚で悩んでいるといった方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

楽天カード基本スペック

楽天カードの基本スペックは以下の通りです。

年会費 永年無料
締め日・支払日 月末締め・翌月27日支払い
ポイント還元率 1%(100円に付き1ポイント付与)
国内旅行保険 付帯なし
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・American Express
電子マネー 楽天Edy・QUICPay

楽天カードについてさらに詳しい記事はこちら↓

日本一の使用率にはワケがある!楽天カードの使いやすさを徹底解明

ヤフーカード基本スペック

楽天カードの基本スペックは以下の通りです。

年会費 永年無料
締め日・支払日 月末締め・翌月27日支払い
ポイント還元率 1%(100円に付き1ポイント付与)
国内旅行保険 付帯なし
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・American Express
電子マネー 楽天Edy・QUICPay

ヤフーカードについてさらに詳しい記事はこちら↓

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)は年会費無料のTポイント貯めたい人におススメ!

ポイント還元率の比較

では、楽天カードとヤフーカードのポイント還元率から比較していきます。

クレジットカードを日常的に使うのであれば、ポイント還元率はとても重要な項目となっていますので、しっかり比較していきましょう。

実際のポイント還元率は、両者のカードとも1%となっています。

しかし、お買い物する場所によっては、ポイントアップが期待できます。

例えば、楽天カードでいえば「楽天市場」にていつでも還元率3%、ヤフーカードでいえば「ヤフーショッピング・LOHACO」にていつでも還元率3%となっています。

ここまでは両者ともに同じ還元率ですが、さらに一定の条件を満たすことで以下のポイントアップが期待できます。

・楽天カード→楽天市場のお買い物で最大16倍

・ヤフーカード→ヤフーショッピング・LOHACOのお買い物で最大12倍

このようにポイントアップでは楽天カードがヤフーカードを上回る結果となりました。

ポイント還元率でクレジットカードを選ぶのであれば、楽天市場のお買い物で最大16倍のポイントが付与される“楽天カード”がおすすめです。

付帯サービスの比較

次に、楽天カードとヤフーカードの付帯サービスで比較していきます。

ポイント付与以外のサービスを重視したいといった方は、それぞれの付帯サービスを見比べてみましょう。

まずは両者の付帯保険ですが、楽天カードに海外旅行保険が付帯しているのに対し、ヤフーカードは海外・国内ともに付帯していません。

楽天カードでは、最高2,000万円までの海外旅行保険が付帯されていますので、安心して海外旅行を楽しむことができます。

実際の補償内容につきましては、以下の表をご覧ください。

補償内容 保険金額
傷害死亡

後遺障害

2,000万円(利用付帯)
障害治療

疾病治療

200万円(利用付帯)
賠償責任 2,000万円(利用付帯)
携行品損害 20万円(利用付帯)
救援車費用 200万円(利用付帯)

ただ、楽天カードの海外旅行保険は一定の条件を満たす必要のある“利用付帯”となっていますので、注意が必要です。

楽天カードの海外旅行保険を有効にするには、日本を出国する前に「自宅から出発空港までの交通費」か「海外旅行代金」の支払いを行いましょう。

国際ブランドの比較

次に、楽天カードとヤフーカードの国際ブランドを比較していきましょう。

楽天カード・・・VISA、Mastercard、JCB、American Express

ヤフーカード・・・VISA、Mastercard、JCB

ご覧の通り楽天カードでは、「American Express」を選択することができます。

クレジットカードの国際ブランドにステータス性の高いAmerican Expressを選びたいのであれば、楽天カードを契約するといいでしょう。

電子マネーの比較

最後に楽天カードとヤフーカードで利用できる電子マネーについて比較していきます。

楽天カードでは、プリペイド型電子マネーの「楽天Edy」が付帯しています。

楽天Edyはチャージと利用の両方でポイントを得ることができるので、ポイントの2重取りも可能です

対応店舗数は電子マネーの中でもトップクラスとなっており、キャッシュレス決済に対応している店舗であれば、ほぼ間違いなく使用できるでしょう。

その他にも、「ApplePay」や「GooglePay」にも対応していますので、両者で迷っているのであれば楽天カードがおすすめです。

一方ヤフーカードでは、スマホ決済の「ApplePay」と「PayPay」に対応しています。

特にヤフーカードをPayPayで利用するのであれば、他のクレジットカードよりも相性が良くなっています。

PayPayを利用される予定のある方は、ヤフーカードがおすすめです。

まとめ

今回は、楽天カードとヤフーカードをポイント還元率や付帯サービス、国際ブランドなどの項目別に徹底比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

楽天カードとヤフーカードを項目別に比較してみた結果、それぞれにメリット・デメリットがありましたね。

クレジットカード選びは、あなたがどの項目を重要視しているかによって変化します。

今回ご紹介した楽天カードとヤフーカードは、どちらも大変人気のクレジットカードとなっていますので、なるべく自分の目的にあっているほうを選ぶといいでしょう。

そしてあなたに合った最適な1枚が見つかれば、ぜひ契約してみてくださいね。