留学するならこれを持っていけ!安心・便利・オトク三拍子そろった留学クレカベスト4

留学に持っていくべきクレジットカードベスト4

「海外留学をしたことはありあますか?」

海外留学を経験した経験がある人は世の中にはたくさんいると思いますが、海外留学をしたいけどなかなかその機会が無かったり、様々な要因があっていけないという方の方がもっと多くいると思います。というのも海外留学は膨らむ期待の半面に、大きな不安がつきものです。

留学における不安要素とは?

海外留学における不安要素はやはり、治安だと思います。日本は世界でも有数の安全な国です。そんな安全な国で過保護にぞだった我々は海外へでたらどんな出来事に出くわすか不安で仕方ありません。私もそう考えていました。

特に、お金に関していうと、スリが多発しているとか、「バックは前向きに持たないと中身取られるよ」なんてことがあるかもしてません。

現金を取られてしまった場合、帰ってくる確率は極めて少ないですがそんな時クレジットカードなら、利用停止の手続きをしてしまえば、被害は最小限に抑えられますね。また保険が付帯していることも多く、万が一何かが起こったときに、救ってくれたりもします。

私は実際に、海外で大きなけがをしたときにクレジットカードの保険がきき、安心して治療に専念できた経験があります。

留学のお供はこのクレカ!ベスト4

留学にぜひとも持って行ってもらいたいクレジットカードをランキング形式でご紹介させていただきます!

4位 マネパカード

マネパカードとは

第4位となったマネパカードとは、「日本」でも「海外」でも使える、マルチカレンシーの海外プリペイドカードと国内プリペイドカードがセットになったカードです。マルチカレンシーと言うのは、1枚で6つの通貨をチャージできるという意味になります。従来型の海外キャッシュカードは、海外滞在先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけでしたが、マネパカードはマスターカードが使えるお店でショッピングも可能なのです。

留学におすすめな理由① 審査基準

クレジットカードの発行で問題となるのが審査です。特に、安定した収入がない学生の場合、入れるクレジットカードが限られてしまいます。でも、マネパカードなら15歳から75歳未満まで与信審査などなどはなく、日本在住であればだれでも申込みすることができます。したがって、大学留学だけではなく、高校留学でも使える貴重なカードなのです。

留学におすすめな理由② 入会金や年会費

マネパカードは、入会金や年会費が無料です。現地の銀行に口座を開設するにも、多くの手間やコストがかかるので、それと比べれば大変お得です。しかも、年会費が無料なので、留学が数年間にわたる長期でも全く問題ありません。カード口座はインターネット経由で最短5分程度で申込みできるので、急な利用にも対応できます。

また、もう1つの大きな特徴は、クレジットカードに入会する時に行われる各種情報センターへの個人情報が登録ないという点です。したがって、与信情報のようなものが信用機関に共有されることもありません。個人情報流出のリスクがない非常に優れたカードなのです。

留学におすすめな理由③ お金の管理に便利

海外留学で問題となるのは、資金をどうやって安全に管理するかです。少ない現金では、不測の事態に対応できず、逆に多額の現金で持っていることも防犯上のリスクが増えてきます。さらに、現地の銀行に口座を作って定期的に外貨を日本から振り込むのは、送金するたびに多額の手数料取られて大きな損をします。

そんな中、マネパカードであれば、あらかじめカード口座に入金をしておき、必要な時に両替してチャージすれば現地の銀行口座の開設や送金手数料も不要です。いつでも現地ATMで現地通貨を引き出すことができます。

留学におすすめな理由④ セキュリティ面

マネパカードでは、マネパカード会員専用サイトが設けられています。このマネパカード会員専用サイトにログインすると、現在チャージされている残高、利用履歴をパソコンやスマホから確認することができるので大変便利です。

しかも、利用の都度、指定するアドレスにメールで通知設定を行うことができるので、誰かに不正に利用された場合でも即座に発見することができます。また、自分でカード利用を停止する「セキュリティロック」をかけたり、利用金額の上限を1万円単位で引き下げるころも可能なので、リスクを極端におさえて資金を管理することができるのです。

そもそも、マネパカードはICカードなので、偽造やカード情報を盗まれにくく、不正利用を防止しやすい仕組みになっています。さらに、カードショッピング保険も付帯しているので、もしもマネパカードで購入した物が破損、紛失、盗難にあっても補償される仕組みになっているのです。

留学におすすめな理由⑤ 現地通貨の対応種類

マネパカードは、1枚のカードに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージすることができます。さらに、マネパカードに米ドルをチャージしておけば、マスターカード提携ATMで世界210以上の国と地域で現地通貨を引き出すことが可能なのです。

これは、マスターカード提携ATMでマスターカードが現地通貨をドルに換算してくれ、3%のクロスボーダー手数料と1回あたりのATM手数料2ドルを加えた金額をチャージしてある米ドルから引き落とす仕組みであり、留学中に隣国へ旅行に行った際も大変便利なカードと言えます。

マネパカードの特徴① 手数料の安さ

マネパカードの特徴1つ目は、なんといっても手数料の安さです。通常、海外プリペイドカードを利用するには、入会金、年会費、両替手数料、チャージ手数料、ショッピング決済手数料などの各種手数料がかかってきます。しかし、マネパカードでは入会金、年会費、チャージ手数料、ショッピング決済手数料などが一切かからない仕組みになっているのです。

つまり、マネパカードなら、普通に海外の銀行や両替店で両替するよりもお得に利用できるということです。例えば、日本の銀行などで両替を行うと、米ドルなら1ドルにつき3円程度、ユーロなら4円程度、英ポンドなら11円程度の手数料がかかります。これと比べると、マネパカードの利用がいかにお得かが分かると思います。

もうすこし詳しく説明すると、普通のクレジットカードでは、「為替手数料」「海外事務手数料」などといって、利用額の1.6%程度が手数料としてプラスされています。それと比べると、多少両替レートが悪くなるものの、海外利用手数料がかからない分、トータルでは手数料等のコストが実質半額程度になるのです。

マネパカードの特徴② 国内プリペイドカードとしての機能

マネパカードは、海外だけでなく、日本円をチャージすることで、そのまま国内マスターカード加盟店でプリペイドカードとして利用することができます。しかも、国内ショッピング利用額の0.5%がキャッシュバックされるため、お得に買い物をすることができます。ただし、円以外の外貨で決済された場合や、海外での現金引出による利用については0.5%のキャッシュバック対象外となってしまうので注意が必要です。

マネパカードの特徴③ 余った外貨の利用

留学中に使い切れなかった外貨も、マネパカードなら日本国内で利用することが可能になっています。なんと、外貨を日本円に再両替する場合の手数料相当額が無料なので、空港や市内の銀行で両替する場合と比べてもお得感があります。なお、外貨から円に両替する場合のレートは、FXの取引レートでとなります。

マネパカードの特徴④ 海外のインターネットサイトで買物ができる

マネパカードを持っていれば、海外のインターネットサイトで買物をすることもできるのです。しかも、為替がお得な時に両替しておけば、その時の為替レートで利用できるので大変お得です。なお、事前にチャージさえしておけば、外貨のお買物では1回約80万円、1日約100万円まで利用できるので、突然の高額利用にも対応できる優れたカードなのです。

マネパカードの特徴⑤ FX口座を利用した両替

マネパカードでは、マネーパートナーズのFX口座(パートナーズFXnano)の「現受け」機能を利用すると、両替コストを約8分の1程度に下げることができます。FX口座の利用料や管理料はかからないので、FXといっても、レバレッジをかけなければ外貨両替と基本的な仕組みは同じです。

3位 三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

第3位となった三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳限定で発行されている初めてのクレジットカードとして人気の高いカードです。当然デビューということで、学生向けに設計されており、留学先でも重宝すること間違いなしのカードなのです。

留学におすすめな理由① 世界シェアNo.1のVisaブランドであること

「VISA」の画像検索結果

クレジットカードの世界シェア(売上高)は、Visaブランドが58%であり、世界No.1の地位にいます。2位のMaster Cardで26%ですから、いかにVisaブランドが強いかが分かります。したがって、情報が限られている海外留学では、Visaブランドが圧倒的なのです。

さらに、三井住友VISAデビュープラスカードの発行元である三井住友カードという会社は、1980年2月に日本初のVisaカードとして、国内外共通「住友VISAカード」を発行した老舗の会社です。こうしたことからも会社としての信頼がおけるカードと言うことができます。

留学におすすめな理由② 年会費のお得さ

三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は、初年度無料となっています。しかも、ここからがポイントですが、前年1回以上の利用があれば、翌年度以降も無料であるため、実質永年無料といえるのです。もし1回も利用がない場合は税抜1,250円となりますが、今や海外ではキャッシュレスは当たり前です。クレジットカードはどこでも使えますので1回の利用など問題にはなりません。

留学におすすめな理由③ 安心・安全

三井住友VISAデビュープラスカードは、万一の場合の紛失・盗難による不正利用を補償してくれるサービスがあります。そもそも、カードがICチップ型なので、偽造が困難で不正利用されにくくなっていますが、もしも不正利用にあってしまっても、カード紛失・盗難の60日前にさかのぼって、不正利用が保証してもらえるのです。

しかも、インターネットショッピングについては、年間最高100万円のお買物安心保険も付帯しています。これは、クレジット決済で購入した商品の破損・盗難による損害を、90日間補償してくれるというものです。

留学におすすめな理由④ 留学が終わってもお得

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳限定で発行されていますが、留学が終わり26歳になると、最初のカード更新時に、ゴールドカードと同等のサービスを提供する20代限定のプライムゴールドカードにランクアップされるのです。

プライムゴールドカードでは、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険や年間300万円までのお買物安心保険に加え、ゴールドデスクや空港ラウンジサービス、ドクターコール24などの多岐にわたるサービスを受けることが可能となります。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴① ポイントが通常カードの2倍

三井住友VISAデビュープラスカードは、ポイントが通常カードの2倍たまります。なお、これは通常の三井住友カードと比べたときの比較になります。しかも、入会後3ヵ月間はポイントが5倍になるので、特にお得なのです。

例えば、留学に行く際の航空券をクレジットカードで購入すれば、20万円の航空券だとして、通常の200ポイントが倍になり、400ポイントまで増えるのです。しかも、入会後3か月以内であれば、1,000ポイントまでアップします。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴② ポイントサービス

貯まったポイントは、三井住友カードのワールドプレゼント景品に交換することが可能です。例えば、ポイントサービスで行くと、1ポイントがANAマイレージクラブの3マイルに、楽天スーパーポイントやヨドバシカメラゴールドポイントの5ポイントになります。他には、1,100ポイントでVJAギフトカード5,000円分になったり、1ポイント3円のキャッシュバックにも使うことが可能です。

2位 学生専用ライフカード

第2位は、学生のために設計された学生専用ライフカードです。海外留学先でのカード利用総額の5%がキャッシュバックされるのが特徴で、海外旅行傷害保険などのサービスが充実しています。日本にいる学生だけではなく、留学先に持って行っても大活躍するカードといえます。

留学におすすめな理由① 海外ショッピング利用の5%キャッシュバック

まず、この海外ショッピング利用の5%キャッシュバックの恩恵を受けるためには、あらかじめ、LIFE-Web Deskからのキャッシュバック申込みが必要となることに注意です。海外で使用した後、請求金額に基づいてキャッシュバック金額が確定され、カードのご登録口座へキャッシュバック金額が振り込まれます。

留学中の毎月の生活費が50,000円だとすると、毎月2,500円分のキャッシュバックが受けられます。このペースだと、年間で30,000円のキャッシュバックとなります。仮に年間で1,000,000円を使ったとすると、年間で50,000円のキャッシュバックを受けられるので非常にお得です。なお、キャッシュバック金額の上限は、年間累計50,000円であり、インターネット海外サイトでの利用は対象外となることに注意が必要です。

留学におすすめな理由② ブランドが選択できる

例えば、カナダやアメリカではJCBカードが使えない店が多く、VISA・マスター・アメックスの3社が優勢です。そう考えると、アメリカに留学する場合はVISAかマスターを選択することになります。

ヨーロッパのドイツとオランダではマスターカードが強く、鉄道券売機ではマスターカードしか使えないという場合もあります。その他のヨーロッパの国では、VISAとマスターカードが使えることがほとんどですので、2枚目のカードとあえてブランドを違う物にすることも考えられます。

このように、留学する国によって強いクレジットカードのブランドがあるため、クレジットカードは複数枚持っていくことが重要です。その際に、ブランドが選択できる学生専用ライフカードは留学生の強い見方となるのです。

学生専用ライフカードの特徴① 旅行傷害保険

ライフカードの学生専用カード(JCB、VISA、MasterCard)では、海外旅行中のケガや病気に関して、治療・入院などが保証される仕組みになっています。それに加えて、カメラなど携行品の盗難・破損などで発生した損害や滞在先のホテルの物を破損させたなどの法律上の賠償責任についても補償してもらえます。なお、傷害治療費用や疾病治療費用、救援者費用等は200万円まで、個人賠償責任危険は2,000万円まで、携行品損害は20万円までの補償となっています。

学生専用ライフカードの特徴② カード会員保障制度

学生専用ライフカードでは、万が一カードが紛失・盗難の被害にあって、不正に使用されたとしても、カード会員保障制度により補償されます。これは、届け出た日の60日前にさかのぼって、それ以降に不正使用された損害をライフカードが負担するという仕組みであり、かなり手厚いサービスとなっています。

学生専用ライフカードの特徴③ ポイント制度

基本的には、1,000で1ポイントがたまる仕組みなっているのが学生専用ライフカードです。数多くの特典が用意されており、誕生日の月の基本ポイントは3倍、新規入会後1年間はポイントが1.5倍、また1年間の利用額が50万円以上で300ポイントなどもあります。

しかも、ステージ制プログラムという仕組みもあり、1年間の利用額が50万円以上で基本ポイントが1.5倍、100万円以上で1.8倍、200万円以上で2倍となり、使えば使うほどお得にポイントがたまる仕組みになっています。

ポイントの交換で留学生に最もお得なのは、ANAマイレージクラブへのポイント移行です。300ポイントで750マイルに交換できるため、11,000マイル以上貯めることができれば、ANA特典航空券と交換することも可能です。

1位 楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

堂々の第1位は、楽天ANAマイレージクラブカードです。このカードは、ANAマイレージクラブと楽天カード、楽天Edy、楽天ポイントカードの機能が全て入ったカードになります。海外留学をしている時にマイルを貯めて、休暇で別の国へ旅行なんて夢も広がるのが、このカードなのです。

留学におすすめな理由① マイル派もポイント派も満足

海外留学をしていると、途中で何か月か一時帰国をしたり、数か月のインターバルをおいて再度海外に行くなんてことも考えられます。そんな時に最強なのが楽天ANAマイレージクラブカードなのです。このカードは、200円=1マイルのANAマイルコースと、100円=1ポイントの楽天スーパーポイントコースをWEB上で簡単にコース変更することができるのです。

しかも、貯めたものを途中で交換することができ、絶対に損はしません。つまり、日本にいる時は楽天スーパーポイントコースでポイント貯めておいたり、そのポイントをマイルに交換したり、海外に行くときにはANAマイルコースに変更したりと自由自在にポイントやマイルを貯めることができるのです。

さらに、ANAマイレージモールを経由して、楽天市場で買い物をすると、マイルと楽天スーパーポイントの両方が貯まるというスペシャルな特典もあります。つまり、200円ごとに1マイルと2ポイントが両方付与されるので、将来的にどちらも多く貯まっていくことになります。

留学におすすめな理由② ANAマイレージクラブ機能付き

ANA Inspiration of JAPAN

自分名義のANAマイレージクラブカードを複数枚所持しているような場合でも、各カードのマイル口座をひとつにまとめることが可能です。当然ANAマイレージクラブ機能がついているので、マイルをお得に貯めることができるのです。したがって、クレジットカードとANAマイレージクラブカードを両方持つ必要はありません。海外留学中のカードの管理も、これによって枚数を減らすことができるのです。

楽天ANAマイレージクラブカード 出張が多い楽天利用者に最高のカードが登場

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴① 入会時の特典が満載

まずは、新規入会特典として、2,000ポイントが付与されます。また、家族カードに同時入会で1,200ポイントプレゼントというのも用意されています。これは、本カード会員に1,000ポイント、家族カード会員に200ポイントがプレゼントされるというものです。さらに、申し込み日の翌月末までにカードショッピングを1回以上利用するとカード利用特典として、3,000ポイントがもらえます。

しかも、楽天ANAマイレージクラブカード入会日の翌月15日頃に4,000円のクーポンが進呈されます。このクーポンは、30,000円以上のANA楽パック(ANA国内航空券+宿泊 / ANA国内航空券+宿泊+レンタカー)に使用可能で、クーポン進呈日から翌々月末までの予約をする必要があります。なお、出発対象期間はクーポン進呈日から2019年5月末までの出発となっているので、日にちに注意することも必要です。

また、楽天Edyが500円分チャージ(入金)されているカードが来るので、コンビニ・スーパーなどでちょっとしたものを買うのにも役立ちます。当然のことながら、楽天Edy機能付帯は無料なので、家族カードを同時申し込めば家族カードにも楽天Edy150円分がプレゼントされます。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴② 海外アシスタンスサービス

海外旅行中の緊急医療をサポートする目的で、楽天カードには海外アシスタンスサービスが付いています。これは、渡航先から24時間・年中無休ご利用でき、日本語で病院の紹介や保険金の請求手続き等を案内してもらえます。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴③ 緊急カードサービスと緊急キャッシュサービス

仮に海外でのカード紛失・盗難となった場合、その後にカードを利用できるかは大きなポイントです。楽天カード会員は、渡航中のみ利用可能な再発行カードを現地で手配してもらうことができ、その後の滞在でも困りません。さらに、渡航先の現地通貨を海外キャッシュサービスとして手配してもらうことができ、現金が必要な時でも安心です。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴④ 楽天カードラウンジ

楽天ANAマイレージクラブカードを持っていれば、ハワイ・ワイキキ T ギャラリア ハワイ by DFS内にある専用ラウンジを利用することができます。ここでは、荷物の当日中一時預かり、プリンター、ドリンク、マッサージチェアなどが用意されており、海外留学中にハワイに遊びにいった時でも非常に便利です。

留学におすすめのクレカベスト4まとめ

いかがでしたか?みなさんの素敵な留学ライフのお手伝いができれば幸いです!

留学に行く際には十分な準備をして自分の身は自分で守るという気持ちを強く持って臨んでほしいと思います。その手助けとしてクレジットカードを選ぶのもいいんではないでしょうか?