業界初の試み!クレディセゾンでスマホで申込~決済完了する「LIQUID eKYC」を開始

スマートフォンの普及でますます便利になった世の中。スマホを利用して従来では面倒だったさまざまな作業が簡略化してきています。

そんな中、2019年10月に(株)クレディセゾンが「LIQUID eKYC」というシステムを利用して、申込から決済まで全てスマホだけで完了できるサービスを開始しました。このシステムを利用することで、本人確認の書類郵送が不要になるだけでなく、よりスピーディーに申込を完結することが可能になります。
本記事で、「LIQUID eKYC」がどのようなシステムなのかも含めて、詳しくご紹介していきます。

クレディセゾンが「LIQUID eKYC」を開始

「永久不滅ポイント」で有名なセゾンカードを発行しているクレディセゾン。業界初の試みとして「LIQUID eKYC」システムを10月より導入開始しました。

この「LIQUID eKYC」では、オンライン上で本人確認を行う「eKYC」を利用することで、従来あった「本人確認までの待機時間」「本人確認の書類郵送の手間」「事務的作業に伴う人為的ミス」などを改善することができます。ちなみに「eKYC」は「electronic Know Your Customer」の略であり「オンライン上であなたの顧客を知る」という意味です。

eKYCを使ったサービスは既に社会でも広がってきていて、有名な事例ですと「メルペイ」や「LINEペイ」でもこのシステムが使われています。

スマホで本人確認の写真を撮影

本人確認はスマホでどのように行われるのでしょうか?
事前に用意した免許証など顔写真付きの本人証明と、撮影した本人の顔写真をオンライン上で生体認証技術を使い照合します。顔写真が一致すれば「申請を行ったのは本人」と認識され本人確認が完了します。

また、「LIQUID eKYC」は、アプリでは無くブラウザ上で登録が可能ですので、スマホへのインストール作業は不要です。撮影する時もガイドが出ますので、誰でも簡単に本人確認の写真を撮影することが可能です。

審査後はスマホのみで決済可能に

審査が完了すれば、会社からのカード郵送を待たずにスマホ上で決済可能となります。
つまり本人確認の書類郵送の手間と時間はかけず、またカードの発着を待たずに、クレジットカードでの買い物が可能となります。より手間なくスピーディーにかつ安全に審査を受けることができます。

以上、いかがでしたでしょうか?
近い将来、「本人確認の為、写真を撮って郵送」というのは過去の話になるのかも知れませんね。