届いたら裏面に署名?クレジットカードに利用するボールペンとは

署名ボールペン

クレジットカードの署名の記入を忘れてはいませんか?初めてクレジットカードを発行した方、新たに他社のクレジットカードが届いた方は、まず署名をしましょう。

カードの持ち主であることを証明するためには、筆記用具を使用し、署名欄に記入する必要があります。「どんなペンでもいいの?」という疑問や「署名はしなくちゃだめ?」という声も聞こえてきそうです。

クレジットカードの署名欄のどのようなボールペンが適切かを中心に、署名についても詳しく解説していきます。

クレジットカードが届いたらすべきことは署名?その仕方を解説

新しくクレジットカードが届いたら、クレジットカードの持ち主が自分であることを証明するために、まず署名を書きましょう。

持ち主を証明として署名を利用するため、どのような書き方、どのようなボールペンなどの筆記具で書いても良いというわけではありません。署名が効力を発揮するように、適切な書き方、ペンを使うようにしましょう。

そもそもどうしてクレジットカードの裏面に署名が必要なのかという基本的な部分から解説を始めます。その他にも、署名をどのように書いたらよいか、どのようなペンが最適か、注意点などの解説を参考に、クレジットカードをトラブルなく安全に使える準備をしていきましょう。

クレジットカードの裏面に何故署名が必要なの?

クレジットカード以外にも、お店のポイントカードの裏面には、署名欄があります。ポイントカードの署名欄に名前を書いていないという方は多いのではないでしょうか。ポイントをつけてもらうことがメインであるため、なくしても直接お金に関わることが少なく、署名をしている効果を感じる場面はあまりありません。

クレジットカードは、署名によって本人認証を行うため、署名なしでは、クレジットカードを利用することができません。

お店のオペレーションによっては、サインのみで利用できる場合も多いです。ただ不正利用や盗難・紛失などのトラブルに合ったときに、署名がなければ、本人の証明ができず、補償を受けることができなくなってしまいます。

署名はボールペンじゃなく油性ペンでなければならない理由

身近にある筆記用具がボールペンという方も多いでしょう。クレジットカードの署名は、後から書き足すなど上書きは不可能です。上書きが必要になった場合は、クレジットカードの再発行が必要となります。

消えにくくはっきりと署名をするために、ボールペンではなく、油性ペンを使いましょう。同じペンであっても、水性ペンも消えやすく、滑りやすいクレジットカードの素材には合わず、NGです。

油性ペンであれば、消えにくく視認性の高い署名をすることができます。太すぎると、署名欄に収まらないこともあるため、太すぎず細すぎない中間の太さの油性ペンを利用して、はみださないように慎重に書くと良いです。

署名は漢字や平仮名など形式は問わない

フルネームをそのまま署名するのが一般的ですが、フルネームにこだわらずに署名する方もいるでしょう。署名欄では文字の形式は問わず、カタカナでも、ひらがなでも大丈夫です。ローマ字も可能で、苗字だけ、名前だけという書き方でもよく、自由に署名することができます。

ただ署名をする目的は、本人証明であるため、本人と分かるように署名することが前提となります。署名が視認しにくいと、本人確認に時間がかかることも考えられます。

署名は自分が再度すぐにかけるものを選択すべき理由

クレジットカードを利用する際に、サインが毎回違う形であると、サインと署名を照合するオペレーションを行うお店で、本人か疑われることも考えられます。

クレジットカードを利用するときに、署名をサインに利用できる再現性の高い字を選ぶのが好ましいと言えます。筆記体やつづけ字など書くたびに形が変わってしまう再現性の低い署名はおすすめしません。

署名を崩してつづけ字で署名してしまう方も気を付けましょう。再現性の高い字にすることで、本人とわかる間違いのないサインができるように署名を選択することが大切です。

署名は上書きが禁じられている理由

「カードが削れてきて署名が見えにくいから上書きしなくちゃ」「書き間違ったから、上から書いて直そう」などと署名を書き直すのは、原則禁止です。

署名は、筆跡で本人かどうかを証明するため、上書きによって筆跡が重なると、本人確認が適切にできません。

署名を上書きなどで修正したいという場合は、クレジットカード会社で再発行してもらうことになります。自己判断で書き直すのではなく、必ずクレジットカード会社に問い合わせをしてくださいね。

署名が正しくないときは再発行が必要

署名の上書きすることは禁止で、見にくく書いてしまうなど正しい署名ができていない場合再発行が必要になります。

署名の上書きNGというオペレーションが浸透していないお店では、上書きを勧められることもあるようです。他の支払い方法で支払い、後日再発行するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードは、サインと署名の照合による本人確認がされ、初めて利用することができます。署名の修正は再発行対応になるため、ボールペンではなく油性ペンで書くようにしてくださいね。また再現性の高い文字を署名にするのも大切です。新しく発行したクレジットカードには、油性ペンを使ってしっかりと署名をしましょう。

以上、届いたら裏面に署名?クレジットカードに利用するボールペンとは…という話題でした