スキミングによるキャッシングの被害が多発!クレジットカード利用の注意点

スキミング被害にあわないためのクレジットカード利用の注意点

クレジットカードを持っている方は多いと思います。日本は基本的に現金主義ですが最近ではキャッシュレスという言葉をよく耳にすることが増え、利用できる店舗が格段に増えたおかげでカード利用者は増えています。

一方で、スキミングという第三者が悪意を持ってカードの情報を盗み取り、不正利用する詐欺の被害にあっている方は意外に多いのです。

スキミングしたあと、キャッシングされ大量にお金を引き出されたりすると被害額が膨大になります。

スキミングはどんなタイミングでされる?

クレジットカードにはICカードが埋め込まれておりカード決済をするときもカードリーダーがその情報ををよんでカード情報を読み取って決済を行います。これは、カード情報をリーダーを使えば誰でも読み取ることができるということです。

スキミング被害にあうのは、外国に旅行に行った時が多いようです。

買い物時に店員がスキミングを行うことがある

スキミングにあうタイミングの1つは、お店の店員が悪意を持って、リーダーに細工をし買い物を行なったお客さんからクレジットカードの情報を盗む、または悪い店員が店舗のレジに残ったクレジットカード決済履歴の中からカード情報をコピーして不正利用することです。

日本では、クレジットカードの情報は厳重に保護されていますし、店員さんの中にもカード情報を悪用しようと考える人が少ないので比較的に被害にあいにくいです。

MEMO
しかし、海外旅行では会計をする際に店員さんを呼んで座っているテーブルで会計をする店舗が多いです。その場合一度店員さんにカードを預けます。その預けた店員さんが悪い人であれば、カード番号、氏名、有効期限、さらにセキュリテーナンバーの全てを写真をとるなどしてコピーされてしまう可能性もあります。

滅多にそのようなすることをする人がいませんが、可能性がゼロとは言えません。

知らない間にATMにスキミングリーダーが設置

知らない間にATMにスキミングリーダーが設置

外国のATMのカードリーダー部分にも悪い人が細工をしてカード情報が盗まれてしまう可能性もあります。

日本でも起こりうることですが、日本のATMには24時間防犯カメラが設置されているので、細工する時間がありません。

しかし海外旅行中に現地のATMを使ってクレジットカードでキャッシングなどを行い現地通貨を引き出す場合、現地の人から見ればATMが細工されているとわかるものでも、日本人からしたらどれがそのスキミングリーダー付きのATMか判別することはできないことが多いです。

また、カードリーダーの部分の作りが完璧に正式のATMと同じであればさらにその判別が難しくなります。

海外で何気なく利用したATMが悪徳のものだった場合スキミングの被害にあうこともあるでしょう。

空き巣に入られた際にスキミングされることもあり

日本の場合は家に泥棒が入ったとき、家にクレジットカードがをある場合、犯罪者がクレジットカードの写真をとって後で不正利用する可能性もあります。

ホテルの清掃時のスキミング

外国では基本的に皆さんホテルに宿泊すると思います。ホテルの宿泊時にスキミングされてしまう可能性があるのがホテルの清掃です。

自分の部屋に清掃員が入ったタイミングで、ホテルの部屋内にクレジットカードを置いていると、その清掃員やホテルのスタッフにカードの情報が流失してしまう可能性があります。

スキミング被害にあわないためにできる対策

スキミング被害にあわないためにできる対策

スキミングはクレジットカードを直接盗むのではなくカードの情報だけを盗むため、被害にあってすぐに気づくことが難しいです。

さらに不正利用の仕方が1ヶ月にたとえば1万円ずつなどと少量であれば、カード利用の明細が来て確認しても気づかない可能性もあります。

注意
特にクレジットカードを現金よりも多く使っていているなど普段からあまり明細を見ない人、またカードの請求額自体を把握していない人は注意が必要です。この場合スキミングで得たデータで多額不正利用されても気づかないこともあります。

このように厄介なスキミング被害にあわないために私たちが日頃からできることはどのようなことでしょうか?この項目で4つ紹介していきたいと思います。

利用制限をつけておく

1つ目は利用制限をつけておくことです。

クレジットカードの使いすぐ防止機能の一つで、ほとんどのクレジットカードについている機能なのですが利用者が設定金額を設定し、その設定金額を超えてしまう場合カードの利用ができなくなるというサービスです。

MEMO
このサービスを利用することで一度に限度額いっぱいまでキャッシンングして多額の現金を引き出されたり、高額な商品を自分のカードを使って購入されるなどの多額の損害がなくなります。

特にゴールドカードやプラチナカードなどもともとの利用可能額の上限が高いカードは一度にたくさん金額を使うことができるので、この利用制限を利用することでスキミング被害の予防になります。

クレジットカードを肌身離さず持っている

クレジットカードを肌身離さず持っている

2つ目はクレジットカードを肌身離さず持っておくことです。

先ほどあげた例のように、クレジットカードをホテルの部屋に置いたままにすることや、財布を落としてしまうなどしてしまうと、第三者にカード情報を盗まれてしまう可能性があります。

そこで徹底してほしいのが、カードをずっと持っていることです。これを行うと空き巣に入られてスキミング被害にあうことを防ぐことができます。

また最近のクレジットカードにはQUICPayやiDなどの電子マネー機能が付帯していることもあり、タッチ決済機能の場合リーダーにタッチすることでスピーディーに支払いを済ますことができます。

MEMO
しかし、その分専用のスキミンングリーダーがカードに近づくだけで、スキミングされることがあります。そのスキミングの犯行時間も本当に一瞬で、さらに最近ではスキミング防止カードケース・財布が販売されるなどタッチするだけで発行される被害が増えています。

できるだけカードは自分の近くで持って置いてください。

明らかに怪しいお店は使わない

3つ目は明らかに怪しいお店は使わないことです。

日本の高級レストランなどでも会計にクレジットカードを店員さんに一度預ける店舗は少なくありません。しかしこれはよく考えればとても危ないことです。

高級レストランなどでそのようなスキミング被害にあう事例は少ないのですが、海外では高級レストランでなくとも支払いにカードを預けるシステムの店舗があります。

一番いいのはそのようなお店では現金で支払う、またはカード決済する場合は会計を行う店員の近くにいることがとても大切です。

暗証番号は推測されづらいものを選ぼう

暗証番号は推測されづらいものを選ぼう

4つ目は暗証番号は推測されづらいものを選ぶことです。

注意
スキミングされてカードを不正利用されても4桁の暗証番号がないと店舗ではカードを利用することができませんが、設定していた暗証番号が安易に推測できるもの、例えば「1234」などの場合簡単に不正利用されてしまいます。

暗証番号は推測されづらいものを選んでおきましょう。

まとめ

この記事では、クレジットカードのスキミング被害について紹介してきました。

スキミングは詐欺の中でも一番気づきにくいものですので、被害にあわないようできるだけ対策する必要があります。

こまめに自分の明細を確認することもスキミングに気づくために必要です。

もし不正利用されたとしても、ほとんどのカードには不正利用補償がついています。不正利用に気づいた場合申請してカード会社がそれを不正と認めた場合、全額会社が補償してくれるサービスです。

これらに気をつけて、安全にクレジットカードを使用しましょう。

以上、スキミングによるキャッシングの被害が多発!クレジットカード利用の注意点…という話題でした!