三井住友ビジネスクラシックカードのメリット・デメリット、充実のサービスを徹底紹介!

ここにメモタイトル

・三井住友ビジネスクラシックカードの特徴

・三井住友ビジネスクラシックカードのメリット

・三井住友ビジネスクラシックカードの充実しているビジネスサービス

・三井住友ビジネスクラシックカードのデメリット

「三井住友ビジネスクラシックカード」とは、三井住友カード発行の法人カードです。法人のみを対象としており、カード使用者は20名以下が基本となっています。中小企業・同族企業向けの法人カードです。

ビジネスの各種経費の支払いを現金決済から三井住友ビジネスクラシックカードでの決済に変更すると、経理事務や経費の管理を合理化することできるほか、ポイント還元もあるのでおトクです。

また、出張関連や福利厚生サービスの優待などビジネスをサポートする様々な法人用サービスも用意されています。

ここでは三井住友ビジネスクラシックカードの特徴やメリット・デメリット、入会資格やどんな方におすすめなのか、お得な使い方についてお話ししていきます。

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードの特徴

・三井住友発行の法人向けカード

・ビジネスカードのなかでは年会費が安い

・ポイントが貯まる

・国内外の出張に役立つ優待が充実

・ビジネス向けのサービスが充実

三井住友ビジネスクラシックカードは三井住友カード発行の法人向けクレジットカードです。カード利用者が20人ほどまでの中小企業向けで、会社の事業や経費の精算がスムーズになるほか、ビジネス向けの優待サービスが充実しています。

引き落としは法人口座からとなり、従業員が立て替えたりする必要仮払い請求の手続きをする手間がなくなります。

ビジネスカードの中では税抜250円と比較的年会費が安く、追加カードを1契約につき20枚まで発行できます。

また、追加カードごとにETCカードを実質無料(年一回以上の利用で翌年度無料)で発行することができます。また、経費の支払いでもしっかりポイントを貯めることができるので他のビジネスカードと比べてもお得です。

ポイントサイトを経由してのショッピングではポイント還元率が3倍になります。

国内外での各種旅行保険や新幹線・飛行機のチケット予約、福利厚生特典など、ビジネスシーンで役立つ優待や従業員サポートのための様々な優待特典が付帯しています。

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードのメリット

年会費が比較的安い!

三井住友ビジネスクラシックカードの年会費は税抜1250円とビジネスカードの中でも非常に安いです。

追加カードは1契約に付き20枚までですが、一枚に付き年会費は税込み400円なので上限の20枚発行しても追加カードの年会費は10000円です。

また、ETCカードも実質無料で発行することができます。

ETCカードの年会費は初年度無料、翌年以降400円(税)かかるのでETCカードの利用者の分だけ発行するようにしましょう。

個人向に発行されているクレジットカードとは異なり、「初年度無料」や「Web明細の申し込みで年会費割引」、「リボ払いで年会費割引」といったようなサービスはありません。

しかし、三井住友ビジネスクラシックカードは法人カードの中でも年会費の安さは群を抜いています。

発行上限ぎりぎりまで追加カードを発行したとしても年会費は税抜たったの12500円です。また、年会費はすべて経費に計上することができるのがメリットです。

充実しているビジネスサービス

JR東海エクスプレス予約で新幹線も安価になる

三井住友ビジネスクラシックカードを持っていると、東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約」を使うことができます。

エクスプレス予約とは、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の座席を、スマートフォンや携帯電話、PCからオンライン予約・変更できるサービスです。

専用のICカードを使うことで、切符を受け取る必要がなくなり、チケットレスで新幹線に乗れるようになります。また、在来線との乗り継ぎも交通系ICカードとの併用でOKです。

「EX予約専用ICカード」を改札機にタッチするだけで、東海道・山陽新幹線に乗車できます。割引運賃が適用されるため、東京~名古屋間、東京~大阪間などの移動が紙の切符よりも安くなります。

注意

EX予約専用ICカードは、1枚あたり年会費1,080円(税込)が発生します。また、JR東海エクスプレス・カード、J-WESTカードをエクスプレス予約に登録した場合に適用される「グリーンプログラム」は対象外となります。

法人用のビューカード「ビュー法人カード」はエクスプレス特約には対応していませんので、法人カードで新幹線チケットをオンライン決済したい場合は、三井住友ビジネスクラシックカードがおすすめです。

国税のクレジットカード払いに使うカードとしても有力

2017年より所得税、相続税、法人税、消費税、贈与税、たばこ税など30税目の国税をクレジットカードで納付できるようになりました。面倒な手続きも不要で簡単に納税できるのでとても便利です。

納税限度額は一回につき990万円ですが、分割決済も可能なので、1000万円以上の納税も支払い可能です。三井住友ビジネスカードでは国税の支払いにおいても満額のポイントが付与されます(2018年10月現在)。

注意

税金をクレジットカード払いする場合は手数料が発生します。納税額によっては手数料が還元されるポイントを上回ることもあるため注意しましょう。

また、クレジットカード払いができる税金の種類は少しずつ増えてきてはいますが、地方自治体によってはクレジットカード払いに対応していなかったり、クレジットカードが利用できる税金が限られたりしているところも少なくありません。

納めようと思っている税金がクレジットカード払いの対象かどうか、入会前に確認しておくようにしましょう。

さらに、税金をクレジットカード払いすると、金銭を直接支払うわけではないクレジットカードの特性上、個別の領収書は発行されません。お支払い内容についてはクレジットカード会社からのご利用代金明細書を確認するよう求められます。

自動車税の場合には、納税証明書の発行も行なっていない自治体が多いので注意が必要です。

福利厚生代行サービス「ベネフィット・ステーション」を格安で利用できる

「ベネフィット・ステーション」は国内外約1000ヵ所の契約宿泊施設やスポーツクラブ、人間ドックや英会話学校などの幅広いサービスを割引料金で利用できる福利厚生サービスです。

福利厚生代行サービスの業界トップ企業であるベネフィット・ワンが、三井住友カードと提携して運営している三井住友ビジネスクラシックカード会員限定の割引優待サービスです。

三井住友ビジネスクラシックカード会員が使える「ベネフィット・ステーション」は、全国5250社380万人が利用中の福利厚生総合パッケージです。

全国各地の映画館、レジャー施設、グルメ、スポーツジム、飲食店、宿泊施設、ビューティー、身近なチェーン店などで利用できます。

月会費は1人あたり320円という低コストで導入が可能です。また、会費は損金算入が可能です。

三井住友ビジネスクラシックカード会員は、社員数10~100名の場合、入会金が1社あたり10万円のところ無料となり、月会費もスタンダードコース1名320円、ゴールドコース1名850円と格安です。

チャージ無料!ANA VISAプリペイドカードが使える!

三井住友ビジネスクラシックカードではANA VISAプリペイドカードに手数料無料でチャージすることができます。

ANA VISAプリペイドカードとは、ANAマイレージクラブの機能とVISA加盟店での決済に使える機能を備えたプリペイド式のカードです。月々の利用金額に応じて、0.5%のANAマイルが貯まります。

チャージ残高の上限はいずれも30万円であり、高額の決済にも十分に対応できます。海外旅行先でのショッピングや、オンラインショッピングなど、セキュリティ・信頼性に不安が残る店舗やサイトでの決済に便利です。

クレジットカード情報を搭載していないので、万が一ANA VISAプリペイドカードのカード情報が漏れても本体の三井住友ビジネスクラシックカードの情報は漏れません。

サブカードとして持っておくととても便利です。端数を使い切りたい場合はAmazonギフト券を購入すれば1ポイント単位で交換できるので、使わなくなった時も困る心配はありません。

三井住友VISAプリペイドeが無料で使える

三井住友ビジネスクラシックカードでは三井住友VISAプリペイドeを無料で発行することができます。「三井住友VISAプリペイドe」とは、世界中のVISAネット加盟店で利用可能な「バーチャルプリペイドカード」です。

実際のカードは発行されず、カード情報がWEB画面に表示され、カード情報を使って通常のクレジットカードと同様にオンラインショッピングの決済に利用することができます。

審査や振替え用の口座登録、年会費なども不要でネット申し込み後すぐに発行され、オンライン(クレジット)またはコンビニでチャージすればすぐに使うことができて便利です。

プリペイドなので使いすぎることもなく、限度額内での利用になります。また、チャージするクレジットカード情報はプリペイドカードには搭載されないので安全です。

チャージ上限は1回あたり5万円ですが、同時に5枚まで保有することができます。

注意

1回あたりの利用上限額は49999円です。使わない時は「ご利用ロック」という機能で利用を止めておくこともできるので、ANA VISAプリペイドカード同様安心して利用できるので5万円以下の決済の時にはこちらもおすすめです。

海外旅行のサポートと割引が多い!

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

三井住友ビジネスクラシックカードではビジネスでの海外出張の際に役立つ様々な優待サービスを受けることができます。主なサービスは以下の表の通りです。

サービス

内容

海外旅行損害保険
最高2000万円

海外キャッシュサービス
現地ATMで預金を現地通貨で引き出せる

各種クーポン
世界のお得なお店ガイド、GlobePass、アジアで使えるお得なクーポン、韓国国民銀行両替手数料優待

海外レンタカー割引
ハーツ、バジェット

VJデスク
海外旅行の日本語デスク

VJトラベルデスク
旅行の予約代金が最大5%オフ

海外お土産宅配サービス
出発前に選んだお土産を帰国時に自宅手配

海外旅行損害保険は最高2000万円です。利用付帯であり渡航関連の費用の精算をクレジットカード決済にする必要がありますので、海外旅行保険が自動付帯のその他のクレジットカードを持っているとより安心です。

保険会社は三井住友海上火災保険株式会社です。また、海外でクレジットカード購入した商品を対象としてショッピング保険も付帯しています。

3000円の自己負担分を越える損害が購入品に発生した場合、補償を受けることができるので破損や紛失、盗難の際も安心です。

また、「VJデスク」という海外旅行時の日本語サポートデスクを利用可能で、パスポートやクレジットカードの盗難や紛失、病気や事故など万が一の際に24時間対応してもらえます。

VJデスクは世界56都市に設置されており、現地の観光やレストラン、交通機関の照会やオプショナルツアーやレストラン予約、チケットやガイドの手配など幅広く対応してくれます。

また、三井住友ビジネスクラシックカードを保有していると現地で各種サービスを優待価格で利用することができます。主な優待を以下にまとめておきます。

提携先

優待内容

ハーツレンタカー
予約代金の10%オフ

運転免許証翻訳フォームサービス

バジェットレンタカー
10~15%オフ

世界のお得なお店ガイド
世界28カ国で使えるクーポン

GlobePass
アジア諸国で使える金融アライアンス
アジアで使えるお得なクーポン
アジア諸国の免税店やレストランの優待

韓国国民銀行
両替手数料30%オフ

VJトラベルデスク
パッケージツアー代金が最大5%オフ

ポイントでお得!

ワールドプレゼントポイント

三井住友ビジネスクラシックカードは法人カードですが利用金額に応じてポイントを貯めることができるのが魅力です。三井住友ビジネスクラシックカードのポイントプログラムは「ワールドプレゼントポイント」です。

ポイントの有効期限は2年で、税込み1000円に付き1ポイントのワールドポイントが付与されます。1ポイント=5円相当なので通常還元率は0.5%です。

通常のショッピングでの支払いの他、電気、ガス、水道などの光熱費や電話代金と言ったいわゆる固定費の支払いにも使えます。また、2017年から始まった各種対象の税金の支払いにも使え、すべてポイント付与の対象となっているのでお得です。

注意

税金の支払いは先で述べたようにデメリットもあるのでポイントが付くかどうかや支払い対象の税金かどうかを事前に確認するのがベターです。

三井住友ビジネスクラシックカードでは、支払金額に応じたポイントアッププログラムは採用されていません。

ただし、年間(2月~翌年1月)の累計ポイント1000ポイントごとに100ポイントのボーナスポイントがもらえますのでポイント還元率は0.55%になります。

ポイントアップモール

三井住友ビジネスクラシックカード会員は三井住友カード会員向けのポイントサイト「ポイントアップモール」を利用することができます。

ポイントアップモールを経由してお買い物をすると通常の0.5%のポイントに加えて0.5%のポイントが加算されるので還元率は1.0%になります。

ビジネスカードで1.0%のポイント還元率は優秀です。Amazonやロハコ、楽天市場、ヤフーなどの代表的なショッピングサイトが入っているので大変使いやすくお得です。

ココイコ

三井住友ビジネスクラシックカードでは、オンラインでのショッピングだけでなく、実店舗でもポイントがお得に貯まります。それが「ココイコ」というサービスです。

ココイコとは、オンラインで事前にエントリーするとお買い物時にポイント還元率がアップするサイトです。

会員サイト「Vpass」

三井住友カード会員向けサイト「Vpass」を利用することができます。Vpassではカード明細やポイントの確認や交換、お得なキャンペーンをみることができます。スマホアプリで利用することもできるので便利です。

セキュリティ

三井住友ビジネスクラシックカードのセキュリティはどうでしょうか。結論から言うと、三井住友ビジネスクラシックカードのセキュリティはとてもしっかりしています。万が一不正利用された際にも安心です。

まず、三井住友ビジネスクラシックカードにはICチップを採用しており、高度な暗号化技術によって守られています。また、オリジナルのサービスとして、本人認証サービス「3Dセキュア」や不正利用時の「Vpass安心サービス」がついています。

「不正利用を24時間体制で監視し、万が一、不正使用され被害が発生した場合にもすべて補償する」というリリースをいち早く発表し、堅牢なセキュリティと手厚い補償を提供いています。

本人認証サービス「3Dセキュア」にはワンタイムパスワードが導入されており、不正利用の防止を図っています。スマホ専用のアプリでワンタイムパスワードを発行し、セキュリティの強化を行っています。

また、万が一三井住友ビジネスクラシックカードを不正に利用されたとしても、損害額を補償する「VpassID安心サービス」が付帯しています。

ネットショッピングでIDやパスワードまたはカード番号を不正使用され、損害を受けた場合、届出日から60日前にさかのぼって補償されます。

補償の限度額は、それぞれのカードの利用可能枠の金額となります。不正利用の補償サービスを受けるには、カード会員サイト「Vpass」にID、パスワードを事前に登録する必要がありますので忘れずに登録しておきましょう。

付帯保険

海外旅行保険が付帯で出張時にも安心

https://www.pakutaso.com/20160923256post-8992.html

三井住友ビジネスクラシックカードには海外旅行保険が付帯しているので海外出張の際万が一事故やケガ、病気などのトラブルに遭っても安心です。

注意

利用付帯ですので事前に旅費などをクレジット決済しておく必要があるので注意しましょう。

主な補償内容は以下の通りです。

担保内容
傷害死亡・後遺障害
最高2000万円
傷害治療費用
50万円(1事故の限度額)
疾病治療費用
50万円(1疾病の限度額)
賠償責任
2000万円(1事故の限度額)
携行品損害
15万円(1年間の限度額、自己負担3000円)
救援者費用
1000万円(1年間の限度額)

渡航先によっては救急搬送などの費用が高額であったり、救援者費用が高額であったりするケースもあるので、持っているだけで補償額が上乗せされる年会費無料のクレジットカードをサブカードとして持っておくとさらに安心です。

また、三井住友ビジネスクラシックカードには国内旅行傷害保険は付帯しません。

国内旅行傷害保険はビジネスゴールドカード、コーポレートゴールドカードに付帯しているので、必要な場合はこれらのカードを検討するか、別の自動付帯カードの保有を検討しましょう。

ショッピング保険も付帯で安心

三井住友ビジネスクラシックカードには海外でクレジットカード決済した商品に破損や盗難といったトラブルの補償をしてくれる「ショッピング保険」のサービスが付帯しています。

自己負担が3000円ありますが、それを上回る分の損害については補償してもらえます。購入日および、購入翌日より90日間が補償期間となります。海外でのショッピングが対象で補償の上限額は100万円となります。

また、一部補償の対象とならない商品もあるので注意が必要です。

対象とならない商品

現金・小切手・有価証券類、切手・定期券など、預貯金証書・クレジットカード・運転免許証など、稿本・帳簿など、義歯・義肢・コンタクトレンズなど、動植物、船舶・自動車などは補償の対象外となります。

また、危険を伴うスポーツを行っている間の用具なども補償の対象外となります。

 

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードのデメリット

他のクレカよりもポイント還元率が低め

三井住友ビジネスクラシックカードは年会費が法人カードとしては格安な上、充実した付帯サービスが付いているので大きなデメリットの見当たらないコストパフォーマンスの非常に高い優秀なカードであるといえます。

強いてデメリットを挙げるならば、その他のクレジットカードに比べてポイント還元率に劣るという点があるかもしれません。

個人所有のクレジットカードでポイントの貯まりやすさを重要視するならば、通常還元率1.0%を基準にするところ、三井住友ビジネスクラシックカードは通常0.5%とやや還元率に劣ります。

ただし、法人カードとしてのポイント還元率は良い部類にはいりますし、ポイントモールやココイコ!の利用で常時還元率は1.0%以上となることを考慮するとポイントの貯まりやすいビジネスクレジットカードであることは間違いないでしょう。

それに加え、従業員の業務上の決済やキャッシュフローの改善、福利厚生制度の格安利用、付帯保険や出張関連の充実したサービスなど、年会費以上の恩恵を受けることができるのが大きなメリットでしょう。

また、高いセキュリティシステムを搭載し、海外渡航先やオンラインショッピングでも安心して利用することができるのも魅力です。

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードの審査基準は?

三井住友ビジネスクラシックカードは、三井住友カードの一般カードですので、極端に審査が厳しいというような法人カードではありません。ビジネスをされている経営者の方であれば、特に問題なく取得することができます。

インターネット上から申し込みを行うと、一週間~10日間程度で三井住友カードから申し込み書が届きます。申し込み書が届いたら、必要事項を記入・捺印して、身分証明書と合わせて返送します。

その後、本審査となりますので、三井住友ビジネスクラシック一般カードの申し込みからカードの受け取りまでにかかる日数は、おおむね3週間~4週間程度と考えられます。

2016年より三井住友カードは税理士向けクラウド会計ソフトのアカウンティング・サース・ジャパン(ASJ)と提携し、中小企業の法人カード発行や加盟店契約の審査を迅速化しました。

ASJは銀行口座などの取引データを自動で取り込み、税務申告書を作成できる税理士向けサービス「エー・サース・コネクト」を開始し、三井住友カードはこのサービスを利用する中小事業者の許諾を得て財務情報を入手します。

銀行口座の入出金や法人カードを使った決済データなどの財務情報が自動で記帳されているので、審査に活用することができます。

従来は決算書など書類の提出が必要で審査も人力だったので、審査終了まで早くても1週間程度かかっていましたが、いまは審査が高速化しています。

三井住友ビジネスクラシック(一般)カード利用者の口コミ・評判

ポイントが貯まるビジネスカード!(39歳/男性)

ポイントが貯まらないビジネスカードがある中、経費の支払いでしっかりポイントが貯めることができるのが三井住友ビジネスクラシックカードの良いところだと思っています。

還元率は0.5%と普通ですが、事業決済や国税の支払い、営業マンの出張旅費の支払いなどに使っているとわりとすぐにポイントは貯まりますね。

こまめにポイントアップモールを利用でいきているわけではないですが大手のショッピングサイトが入っていますし、備品などもオンラインで買って三井住友ビジネスクラシックカードで決済しています。

年会費はかかりますが福利厚生制度が使えたり経費処理が楽になったりとそれ以上の恩恵を受けています。事業がもう少し安定したらビジネスゴールドへの検討もしています。

事業立ち上げ間もない会社でゆくゆくは上のランクのカードを狙う経営者にとっては最初の一枚として良い選択だったと思っています。

明細書がとてもわかりやすく、手間が省けました(37歳/女性)

現在は辞めてしまいましたが、一時期自営業を経営していました。

家族で営んでいたので、全ての会計や経理を自分たちでやっていましたが、経費を落とすのに経費専用のクレジットカードが必要と思い、三井住友ビジネスカードクラシックを作成しました。

持っていて良かったことは、私生活用と経費用と分けて使えることで一枚の明細書に混合しないので経費の会計がとても楽だったことでした。毎月くる利用明細書を見ればすぐにわかるので、面倒な作業が省けました。

年会費が1250円プラス税でかかってしまうのがもったいないですが、まぁ仕方のないことです。海外へ買い付けも行っていたので、ラウンジの無料サービスが欲しかったですがゴールドカードでなくてはだめでした。

限度額設定が厳しめ(32歳/男性)

三井住友VISAカードが発行する法人カードで会社から持たせてもらっています。クラシックカードですが限度額が20万しかなく、決済しているとたまに使えなくなる事もあり、使いづらいです。

立て替え払いしなくて良いのは良いですが、もう少し融通が利けば良いのですが。(社長に確認しましたが限度額を上げたくても上がらないみたいです)。

どこで使っても恥ずかしくない(35歳/女性)

使えば使うほどポイントが貯まり、商品券に変えられたのでお得感がありました。

しかし何年後かにポイント還元率が悪くなり、ちょっと詐欺にあった気分になりました。実際はそうではないのですが。しかし良かった点もまだあります。どこで出しても恥ずかしくない会社名のカードなのでどこでも使えました。

しかし海外旅行中のカメラが盗難にあった際には色々な書類の提出を求められ、対応も業務的であまり気分が良くありませんでした。だったら付帯保険として海外保険いらないんじゃないかと思いました。

別に海外保険に入っても良かったので。海外在住になってからもインターネットで使用状況やポイントも確認でき便利でしたが、住所変更をしていないという理由でカードの利用を拒否され驚きました。

バランスが良いが中途半端?(41歳/女性)

法人クレジットカードに何を求めるかですが、三井住友ビジネスカードは、ポイント還元率、付帯サービス、利用限度額、ステータスなど、全てが中途半端な気がします。

私の場合は三井住友銀行の担当者から加入をかなり強くすすめられたということもあり、あまり良いイメージはありません。ビジネスカードは申し込みが法人のみで黒字法人でなければいけないなどの条件があるのは確かですが、実際にそのことを知っている人はほぼいません。

オーナーズカードは個人与信なので赤字法人でも発行できますが、限度額が本当に20万とか30万とか、雀の涙程度になってしまい、使いにくいです。

まとめ

三井住友ビジネスクラシックカードの特徴やメリットデメリットについて触れましたが、いかがでしたでしょうか。

三井住友ビジネスクラシックカードは年会費が格安にもかかわらず、ビジネスに役立つ優待特典が盛りだくさんです。

さらにショッピング利用に対してポイントを貯めることができ、ポイントの交換先も充実しているので中小企業の決済用の最初の一枚としてはとても魅力的な法人クレジットカードです。積極的に利用を検討しましょう。