三井住友VISAデビュープラスカードの気になるポイントについてまとめました

おすすめ5選
この記事を読んで分かること

・三井住友VISAデビュープラスカードはこんなカード!

・三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるポイント

・三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるポイント・交換できるポイントまとめ

巷にはたくさんのクレジットカードがあるので、初めてのクレジットカードにどのカードを選んでよいか悩んでしまいます。

全てにおいて完璧なクレジットカードは存在しませんが、初めてのクレジットカードであれば「作りやすさ」「使いやすさ」「万が一の保険や補償」を重視するといいでしょう。

この3点の条件を満たすカードが、18歳~25歳まで発行可能でポイントもザクザク貯まり、ステータスも抜群でショッピング保険やサポートが充実している「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

この記事では、三井住友VISAデビュープラスカードでのポイントの貯め方や使い方を中心に、カードの特徴なども紹介することで、初めてのクレジットカード選びの助けになればと思っています。

三井住友VISAデビュープラスカードはざっくりこんなカードです!

(アフィリンク挿入箇所。ライター様は消さなくてOKです!)

このカードの評価
カードデザイン
(4.5)
ポイント・マイル
(4.0)
付帯サービス
(4.0)
作りやすさ
(5.0)
ステイタス
(3.5)
総合評価
(4.5)

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードで、18歳~25歳の若者が申込可能です。

三井住友VISAデビュープラスカードは「学生」と「学生以外」で申し込めるカードの種類が異なり、学生が申し込めるカードのショッピング枠が30万円なのに対して、学生以外が申し込めるカードのショッピング枠は最高80万円でとなりますので、高額の利用を予定している人は「学生以外」で申し込むとよいでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードのカードデザインは、かつては他の三井住友VISAカードと同様にパルテノン神殿が描かれた「スタンダードデザイン」だけでしたが、最近になって、他のデザインも加わりました。

黒ベースで少し色が薄い四角が並んで若者に受けそうな「スクエア・ブラック」や、女子受けのよさそうなピンクをベースとした「アプリコット・ピンク」も加わり、「スタンダードデザイン」も含めた3種類から申込時に好きなデザインを選べるようになったので、カードデザインにこだわりを持つ人もがっかりすることはありません。

付帯保険

三井住友VISAデビュープラスカードには国内・海外旅行傷害保険は付帯していませんが、ショッピング保険が付帯しています。

購入日(または購入日翌日)から90日間、三井住友VISAデビュープラスカードで購入した商品が破損・盗難の被害に遭った際に、年間最高100万円まで補償してくれるショッピング保険で、高額な買い物を予定している人におすすめです。

国内・海外どちらも対象ですが、海外では支払い回数や方法に関係なく適用されるのに対して、国内ではリボ払いか3回以上の分割払いで購入しないと適用されませんので、注意しましょう。

株式会社三井住友カードは、日本で最初にVISAカードを発行したカードですので、カード会社のステータスは抜群ですが、カードデビューの若者向けのカードですので審査ハードルはさほど高くありません。

三井住友VISAデビュープラスカード会員が満26歳になって最初のカード更新のタイミングになると、20代専用ゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」に自動的にランクアップし(三井住友VISAクラシックカードへの切り替えも可能)、ランクアップすると継続ポイントをもらえます。

三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費5,000円(初年度無料)ですが、条件をクリアすれば1,500円(税別)まで引き下げ可能で、空港ラウンジや充実した保険などメリットも多いです。

ステータスアップしたい人にオススメ!

三井住友VISAプライムゴールドカード会員が満30歳になって最初のカード更新のタイミングになると、「三井住友VISAゴールドカード」に自動的にランクアップするので、三井住友VISAデビュープラスカードは着実にステータスアップしたい人に欠かせません。

株式会社三井住友カードが発行する他のクレジットカードでは、VISA以外にも国際ブランドでマスターカードを選択可能なことが多いのですが、三井住友VISAデビュープラスカードはVISAしか選べませんので、マスターカードが欲しい人は他のカードを選ぶのが賢明です。

三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は、初年度無料で2年目以降は1,250円(税別)ですが、年1回以上利用するだけで翌年度の年会費が無料になるので、実質年会費無料カードといえます。

カードはほしいがコストはかけたくない、コスパ重視の人も満足できるでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードを1,000円利用するごとに、カードのポイントである「ワールドプレゼント」が2ポイント貯まり、1ポイント=5円相当の価値があるのでポイント還元率は1%と、他の三井住友VISAカードの2倍の還元率です。

さらに、三井住友VISAデビュープラスカード入会後3か月間は、ポイント還元率が5倍の2.5%にアップするので、抜群のスタートダッシュも夢ではありません。

ネットショッピングは、ワールドプレゼントのポイント優待サイト「ポイントUPモール」を経由して行うだけで、2倍~20倍のポイントが貯まりますので非常にお得です。

ネットショッピングだけでなく街中でのカード利用もお得で、「ココイコ!」に掲載されているお店にエントリーした上でカードを利用すると、もれなくキャッシュバックやポイント増量などの特典が受けられるので、普段よく使うお店にエントリーしておくとお得になります。

貯まったワールドプレゼントは、Tポイントや楽天ポイントなどの共通ポイント、ビックポイントやヨドバシゴールドポイントなどの家電量販店のポイント、さらにはANAマイルやAmazonギフト券、キャッシュバックなどにも交換可能ですので、ポイントを貯めたがいいが使い道に悩むこともありません。

このように、三井住友VISAデビュープラスカードはあらゆるシーンでポイントを貯めやすく、そして使い道が豊富ですので、ポイントをザクザク貯めたい人におすすめします。

三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるポイントはコレだ!

三井住友VISAデビュープラスカードでは以下のポイントが貯まります!

ワールドプレゼント

ポイントの価値 1ポイント=5円
ポイント還元率 1%
付与レート 1,000円→2ポイント
交換レート 200ポイント→交換先1,000ポイント相当
ポイントの有効期限 ポイント獲得月から2年間
ポイントモール名 ポイントUPモール
ポイント特約店 松坂屋(3倍)、トイザらス(2倍)、コナカ(3倍)、東急ハンズ(3倍)、ビックカメラ(2倍)、USJ(3倍)、びっくりドンキー(2倍)など
年間利用ボーナス 前年度(2月~翌年1月)ショッピング利用額に応じて「V1」「V2」「V3」のステージが設定され、ステージに応じて翌年度のショッピング利用額達成金額ごとに以下のボーナスポイントを付与。

V1:50万円達成時に50ポイント、以降10万円ごとに10ポイント

V2:50万円達成時に75ポイント、以降10万円ごとに15ポイント

V3:50万円達成時に100ポイント、以降10万円達成ごとに30ポイント

ステージ制度 前年度(2月~翌年1月)ショッピング利用額に応じて、以下の3つのステージが適用。

V1:前年度ショッピング利用額50万円以上100万円未満

V2:前年度ショッピング利用額100万円以上300万円未満

V3:前年度ショッピング利用額300万円以上

交換可能なポイント一覧

三井住友プリペイド 楽天ポイント Tポイント
ゴールドポイント ビックポイント PeXポイント
au WALLETポイント nanacoポイント Gポイント
Pontaポイント 楽天Edy WAONポイント
ジョーシンポイント ベルメゾン・ポイント ショップ de ポイント
タリーズカード カテエネポイント プレミアムポイント
自治体ポイント カエトクカード JAF次年度会費
PointExchange

三井住友VISAデビュープラスカードの利用などで貯まったポイント「ワールドプレゼント」は、三井住友VISAデビュープラスカードの利用代金への充当、三井住友iDの利用代金への充当、様々な商品への交換以外にも、他社ポイントなどへの交換も可能です。

交換可能なポイントの種類も、楽天ポイントやTポイント、Pontaポイントなど幅広い店舗で採用している「共通ポイント」だけでなく、ヨドバシカメラのゴールドポイントやビックカメラのビックポイントなど、家電を購入すると多く貰える「家電量販店ポイント」、さらにはPeXやGポイント、PointExchangeといった「ポイント交換サイトのポイント」など、バリエーションに富んでいます。

「共通ポイント」への交換で利用可能店舗が増える

楽天ポイントやTポイント、Pontaポイントなどの共通ポイントは、ポイント加盟店が多いのが特徴で、加盟店で共通ポイントを使う(1ポイント=1円のレートが主流)ことができます。

例えば楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループ以外でも、

・マクドナルド

・くら寿司

・デイリーヤマザキ

・ツルハドラッグ

・コスモ石油

・紳士服コナカ

・ビックカメラ

・引越しは日通

などの楽天ポイント加盟店でも使えますし、TポイントはYahoo!ショッピングなどのヤフーグループ以外にも、

・ツタヤ

・ファミリーマート

・エネオス

・オートバックス

・ウエルシア薬局

・カメラのキタムラ

・マルエツ

・島忠ホームズ

・エディオン

・ガスト

・吉野家

・ロッテリア

などのTポイント加盟店でも利用できますので、日本全国使えないところはないといっても過言ではありません。

「ポイント交換サイトのポイント」に交換すれば使い道がさらに広がる

PeXやGポイント、PointExchangeといった「ポイント交換サイトのポイント」は、ポイントとポイントとの橋渡し的な役割を果たしています。

ワールドプレゼントからは交換できないようなポイントプログラムや航空会社のマイルなどでも、ポイント交換サイトを経由させれば可能です。

Gポイントからの主な交換先

・LINEポイント

・dポイント

・楽天銀行

・ゆうちょ銀行

・JALマイレージバンク

など、ワールドプレゼントからは交換できないポイントやマイルと交換できます。

「三井住友VISAデビュープラスカードを使っているがJALマイルに交換したい」「LINEをよく使うのでLINEポイントがあると便利」という人は、ワールドプレゼントをGポイントに交換しても良いかもしれません。

PeXからの主な交換先

・ポレット

・ヤマダ電機

・セシールポイント

・ウェブマネー

などで、ヤマダ電機を頻繁に利用する人などは利用価値があります。

ユニークな交換先は、「自治体ポイント」で、三井住友VISAデビュープラスカードのワールドプレゼントや航空会社のマイルなどを自治体ポイントに交換し、交換したポイントは地域のお店でのショッピングや特産品のお取り寄せなどに利用できます。

自治体ポイントを利用するには、マイナンバーカードとともにマイキーID(マイナンバーカード取得時に設定した4桁の利用者証明書用電子証明書暗証番号)が必要です。

交換したポイントは?

・地域の商店街でのお買い物

・美術館や博物館の入館料

・バスなどの公共交通機関

・地域の特産物をオンラインで購入

・クラウドファンディングの資金

・観光振興施設での利用

など、地域に資する様々なことに利用できます。

また、自治体から付与された「行政ポイント」を自治体ポイントと合算することも可能です。

行政ポイントとは、結婚や出生、転入や集団検診、セミナーや養成講座、ボランティア参加やアンケート回答などでもらえるもので、一部自治体で実施しています。

交換可能なマイル一覧

ANA
アリタリア-イタリア航空
シンガポール航空

ポイントUPモールとは?

「ポイントUPモール」とは、いつものネットショッピングサイト前に経由するだけで、通常の2倍~最大20倍(1,000円で1ポイント付与を1倍とする)のワールドプレゼントが貯まる、三井住友カードのポイント優待サイトです。

ネットショップでの1万円(税別)の買物を、ポイントUPモールを経由せずに三井住友VISAデビュープラスカードで支払っても、ワールドプレゼントは20ポイントしか貯まりません(1,000円で2ポイント付与)。

しかし、ポイントUPモールを経由してポイント20倍のネットショップで1万円の買物をするだけで、もらえるワールドプレゼントは200ポイントとなりますので、経由した方が圧倒的にお得です。

三井住友VISAデビュープラスカードの利用で貯まるワールドプレゼントは、支払い月の前月25日(毎月10日払いの場合)、もしくは支払い月の当月10日(毎月26日払いの場合)頃と、付与タイミングがある程度決まっています。

注意

ポイントUPモールで独自に付与されるワールドプレゼントは、店舗によって付与タイミングは同じではありません。

上乗せ分は2~3か月以内に付与されるのが一般的ですが、Yahoo!ショッピングや楽天のサービスなど一部ショップでは、利用から4か月以上先にワールドプレゼントが付与される場合もありますので、注意しましょう。

ポイントUPモールには、人気のネットショップが勢揃いしています。

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングにセブンネットショッピングなどの総合通販サイトはもちろん、エクスペディアや一休.com、楽天トラベルなどの旅行系、ユニクロやGU、フォーエバー21などのアパレル系、ビックカメラやソニーストア、アップル公式サイトなどの家電・パソコン系など、皆さんが一度は耳にしたことのあるショップばかりです。

ポイントUPモールの基本的な使い方

三井住友VISAデビュープラスカード会員は、会員専用サービス「Vpass」のIDとパスワードがあれば、登録や手続きを別途行う必要はありません。

ポイントUPモールを使ってネットショッピングを利用する方法は、以下のようにとっても簡単です。

ポイントUPモールを使ってネットショッピングを利用する方法

①ポイントUPモールを経由してショップサイトにアクセスする

②Vpassにログインする

③ショップサイトで商品を選ぶ

④三井住友VISAデビュープラスカードで支払う

⑤通常の2倍~20倍のワールドプレゼントが貯まる

ポイントUPモールで便利にショッピングする方法

ポイントUPモールを経由する以外は、通常のネットショッピングと何ら変わりありません。

ポイントUPモールに参加しているショップを探すには、「ショップ一覧から探す」「ショップカテゴリから探す」「検索機能を利用して探す」「ポイントUP中のショップ一覧から探す」の4種類の方法があります。

「パソコンを買いたいけどショップは決めていない」という人はショップカテゴリから、「ポイントをザクザク貯めたい」という人はポイントUP中のショップ一覧から、ショップの名前が分かっている方は検索機能やショップ一覧から探すといいでしょう。

ネットショッピングでは、「今は買わないけど気になってるからとりあえずブックマークしておこう」ということがよくあります。

ポイントUPモールにもそのような機能があり、「お気に入り商品リスト」とう機能です。

商品検索結果の中から気に入った商品に対して「お気に入りに登録」ボタンを押すことで、PCとスマートフォンの両方でじっくりあとから閲覧できます。

30件までお気に入りに登録できますので、いろいろな商品をじっくり比較検討して購入したいときなどに重宝する機能です。

ポイント優待サイトを利用していると、「うっかりポイント優待サイトを経由するのを忘れて通常のポイントしかもらえなかった」という失敗がありますが、ポイントUPモールには「ポイントUPチェッカー」という機能があるので、経由忘れの心配もいりません。

ポイントUPチェッカーはパソコンでのみ利用可能で、利用する際には無料の専用ファイルをダウンロード・インストールする必要があります。

ポイントUPチェッカーの設定方法は、以下の3ステップです。

ポイントUPチェッカーの設定方法

①利用規約に同意してインストールボタンをクリックする

②ポイントUPチェッカーをインストールする

③ブラウザの右上にアイコンが設置されたら設定完了

ポイントUPチェッカーがインストールされた状態でポイントUPモールに掲載中のショップに直接アクセスしようとすると、ブラウザ右上のポイントUPチェッカーのアイコンが光ってお知らせしてくれます。

ポップアップ画面にはポイントの倍率も表示されていますので、それをクリックすればポイントUPモール経由でお買い物ができますので、ワールドプレゼントの取りこぼしもありません。

ショッピングしなくてもポイントUPモールを使う方法

買物をしなくても、ポイントUPモールは使い道があります。

ポイントUPモールでは毎週月曜日から1週間ずつビンゴが開催されており、ビンゴ成立の順番に応じて20ポイント~400ポイントのワールドプレゼントがもらえるのです。

毎日番号が4つずつ発表され、ビンゴカードに当選番号があればマスが開きます。

ショップの中には、ビンゴを有利に進めるためのアイテムカードを配布しているところもあり、指定アクションをクリアするとアイテムカードがもらえるので、少しでも早くビンゴ成立を狙うならアイテムカードは欠かせません。

また、ポイントUPモール内の「訪問でためる」ページから対象のショップにアクセスするだけで、1日1回、ポイントUPメダルを1枚貯めることができ、10枚貯まるとワールドプレゼント1ポイントと交換できます。

パソコン版だけでなくスマートフォン版でも、ビンゴやサイト訪問でポイント貯めることはできますので、移動中や空き時間にポイントUPモールを利用すれば、空いた時間でポイントゲットも可能です。

ポイントUPモールのポイントや価格でよりお得になりたい人は、クーポンを利用するといいでしょう。

ポイントUPモールには「クーポン一覧」というページがあり、アクセスするとポイントアップや割引などの優待内容、対象者、対象商品、利用回数、他のキャンペーンやクーポンとの併用可否、クーポンの有効期間などが、対象ショップごとに記載されています。

気になるショップをクリックすると、優待を受けるためのクーポンコードが記載されていますのでクーポンコードをコピーして、ショッピングカード画面の「クーポン番号欄」に貼り付けて会計するだけで、クーポンが適用されますので簡単です。

(アフィリンク挿入箇所。ライター様は消さなくてOKです!)

ワールドプレゼントを交換して得する一例

ワールドプレゼントからANAマイレージクラブへ交換するとこんなにお得!

貯まったワールドプレゼントは、1ポイント=3マイルのレートでANAマイレージクラブのマイルに移行できます。

ポイント移行単位は100ポイント以上100ポイント単位で、申込から移行手続き完了まで1週間程度必要です。

例えば、2019年1月17日から2泊3日の予定で東京~沖縄の往復航空券を購入しようとなると、最安でも1万8,180円必要です。

これをマイルでゲットしようとなると、1万4,000マイルが必要となりワールドプレゼント4,667ポイント分に相当するので、1ポイントあたりの価値は約3.89円となります。

1ポイント=5円相当が相場のワールドプレゼントからすると、1ポイント=3.89円の特典航空券は価値が落ちているように思えますが、マイルの特典航空券は極めて利便性が高いです。

最安1万8,180円で購入可能なANAの国内航空券は「スーパーバリュー」という運賃ですが、遅くても搭乗日の21日前までに購入の必要があり、予約日を含めて2日以内に決済をしなければなりません。

注意

取消の際には運賃額の30%~100%(取消のタイミングによって異なる)相当額の手数料が必要になります。

一方、マイルの特典航空券の場合は、搭乗前日まで特典航空券への交換が可能なだけでなく、予約の変更も搭乗前日まで無料で行なえますので、天候や体調、スケジュールの変更などにも柔軟に対応できる使い勝手の良い航空券です。

ワールドプレゼントからiDバリューへ交換するとこんなにお得!

貯まったワールドプレゼントは、1ポイント=5円相当のレートで「三井住友カードiD」の利用代金に充当(キャッシュバック)も可能です。

三井住友VISAデビュープラスカードにはiDも搭載されており、交換レートも1ポイント=5円という相場通りですので損はしません。

ポイント移行単位は200ポイント以上100ポイント単位ですが、利用代金の支払い日によって申込から移行手続き完了までの所要期間が異なります。

利用代金の支払い日が毎月10日の場合は15日までに申し込み、毎月26日支払いの人は月末までに申し込むと、翌月の請求分に充当可能です。

iDは他の電子マネーとは異なり後払い式の電子マネーですので、チャージ残高不足で利用できない事態やチャージするための手間も一切ありません。

しかも、iDの利用可能店舗は続々と増加中で、主な店舗だけ挙げてみても以下のような充実ぶりです。

iD利用可能店舗

・セブンイレブン

・ローソン

・イトーヨーカドー

・イオン

・かっぱ寿司

・牛角

・ガスト

・マクドナルド

・すき家

・プロント

・笑笑

・くすりの福太郎

・マツモトキヨシ

・ビックカメラ

・紀伊国屋書店

・洋服の青山

・富士急ハイランド

・エネオス

・ANA FESTA

・シダックス

・ルートイン

様々なジャンルのメジャーなチェーン店が名を連ねていますので、iDの使い道に困る心配もありません。

ワールドプレゼントから三井住友プリペイドへ交換するとこんなにお得!

貯まったワールドプレゼントは、1ポイント=5円相当のレートで「三井住友プリペイド」のチャージにも利用できます。

事前に三井住友プリペイドを発行した上で、アカウント登録や本人確認を完了する必要があり、200ポイント以上1ポイント単位(1回あたりの上限1万ポイント)で移行できますので、端数ポイントも無駄になりません。

申込から移行手続き完了まで1週間程度を要します。

三井住友プリペイドにもVISAの国際ブランドが搭載されていますので、世界中のVISA加盟店で利用可能です(ガソリンスタンド、高速道路など一部支払いを除く)。

また、三井住友プリペイドには本人認証サービスも備わっているので、決済の最後に「3Dセキュア」と呼ばれる本人認証を実施するネット通販サイトでも使えます。

さらに、プリペイド式でチャージした金額分しか使えないため、紛失・盗難・不正利用による被害額も最小限です。

そして、三井住友プリペイドを月2,000円利用するごとに1ポイント貯まり、貯まったポイントは再チャージに使えますので、三井住友VISAデビュープラスカードの1ポイント=5円相当以上の価値を生み出せます。

ワールドプレゼントからAmazonギフト券へ交換するとするとこんなにお得!

貯まったワールドプレゼントは、1ポイント=5円相当のレートで「Amazonギフト券」にも交換可能です。

ポイント交換単位は200ポイント上100ポイント単位で、1回の手続きで10万ポイントまで交換できます。

手続きが完了すると、交換完了画面にAmazonギフト券番号が表示される「即時交換」ですので、Amazonでほしい商品があった際にすぐに支払いに使うことも可能です。

Amazonギフト券を使う際には、Amazonのサイトでギフト券を登録する必要がありますが、交換したAmazonギフト券は1円単位で利用できますので、無駄がありません。

すぐには使わない人も、ワールドプレゼント利用履歴紹介画面でAmazonギフト券番号を確認できますので、安心してください。

Amazonに登録されている商品数は実に5000万と言われており、Amazonにアクセスすればないものはないといっても過言ではありません。

さらに、Amazonでは定期的に大規模セールを行なっており、セールを狙って購入すればAmazonギフト券をさらに有効利用できます。

(アフィリンク挿入箇所。ライター様は消さなくてOKです!)

三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるポイント・交換できるポイントまとめ

今回は、主に三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるポイントや交換できるポイントについて紹介していきました!

三井住友VISAデビュープラスカードをショッピングで利用すると、利用金額の1%の割合で「ワールドプレゼント」というポイントが貯まります。

入会後3か月間は利用金額の2.5%の割合でポイントが付与されますので、入会後に大きな買い物を予定している人などはピッタリかもしれません。

また、三井住友VISAデビュープラスカードにはボーナスポイント制度もあります。

前年度の利用金額に応じてステータスが設定され、ステータスが高いほど次年度の利用金額に対して付与されるボーナスポイント数が多くなるシステムです。

ステータスが設定されるには年間50万円以上の利用が必須で、ステータスに応じてポイントが付与されるために利用しなければならない次年度の金額も最低50万円ですので、毎年50万円以上利用する人はボーナスポイントの恩恵を受けられます。

いつものネットショッピングも、「ポイントUPモール」を経由するだけで、2倍~20倍のワールドプレゼントが付与されますので、経由しない手はありません。

ネットショッピングだけでなくリアル店舗でも、「ココイコ!」で事前登録した店舗でお買物をするだけで、ポイントアップやキャッシュバックなどの特典を受けることができます。

貯まったワールドプレゼントは、楽天ポイントやTポイントなどの共通ポイント、GポイントやPeXなどのポイント交換サイトのポイントなどに移行できるほか、ANAやシンガポール航空のマイル、三井住友プリペイドへのチャージや三井住友iD利用代金への充当など、交換先はバリエーション豊かです。

特に共通ポイントやポイント交換サイトのポイントは、その後に利用できる店舗や交換できるポイントも幅広いので、貯まったワールドプレゼントの使い道は無限大といっても過言ではないでしょう。

(アフィリンク挿入箇所。ライター様は消さなくてOKです!)

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴・メリット・デメリット

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴・メリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

(内部リンク挿入箇所。ライター様は消さなくてOKです!)

(アフィリンク挿入箇所。ライター様は消さなくてOKです!)