ソフトバンクカードの使い方!チャージ残高の確認方法も紹介

犬のお父さんが印象的な白戸家でお馴染みの携帯電話会社・ソフトバンクからプリペイド式のソフトバンクカードが発行されています。

ドコモのdカード、auのauウォレットに比べると、あまり利用者を見る機会が少なく、ソフトバンクユーザーの方でも馴染みがないかもしれません。

本記事では、ソフトバンクカードの基本情報や特徴だけでなく、お得な使い方やチャージ残高の確認方法をたっぷりご紹介していきます。

ソフトバンクカードのお得な使い方

ソフトバンクカードは、お金をチャージして利用するプリペイドカードです。カード利用でTポイントが貯まります。カードブランドはVisaで、多くのお店で利用することができます。基本的なポイントの貯まり方は、200円に対して1ポイントです。

普段よく利用するお店で使うだけでなく、お得な使い方を知ることで、ポイントを効率よく貯めることができます。

様々な場面でTポイントが貯まる

様々な場面でTポイントが貯まる

ソフトバンクカードは、Tカードとしても認識されるため、Tポイントが付与されます。Tポイント非対応の店舗では、200円で1ポイントが貯まります

Tポイント提携先では200円の支払いで、通常店舗のポイントレートの倍である2ポイント貯まっていきます。エンターテインメントや趣味、スポーツ、ショッピング、グルメ、ファッション、生活など、日常生活で利用するあらゆるジャンルにTポイント提携店舗が揃っています。

Visa対応の店舗で使ってもよく、Tポイント提携先でお得にTポイントを貯めることもできます。様々な場面でのお支払いに利用し、効率よくTポイントを貯めていきましょう。

使いたい分だけチャージできるから計画的な利用も可能

ソフトバンクカードは、プリペイド式であるため、チャージした分だけ支払いに利用することができます。クレジットカードや後払い式の電子マネーを利用していると、請求が後日だからとついつい使いすぎてしまうこともあります。プリペイド式のソフトバンクカードは、計画的にお金を使うことができます。

MEMO
ただプリペイド式のカードは、支払い金額に対して、チャージ残高が足りていないと、使用できない点には注意が必要です。チャージ残高の確認方法については後述しているため、要確認です。チャージ残高に気を付けつつ、計画的に利用しましょう。

おまかせチャージで還元率が1.5倍に

計画的な利用ができることはメリットである反面、気づいたらカード残高が少なくなっていて、利用できないこともあります。

おまかせチャージは、支払い金額に対して、チャージ残高の不足分を自動でチャージし、支払いすることができます。チャージの手間がなくなり、チャージ残高不足のエラーも回避可能です。

ポイント面でもメリットを得ることができます。通常200円で1ポイントのところ、100円で1ポイントに変更されます。

なお、2019年2月27日をもって、新規申し込みは終了しています。

ソフトバンクカードで貯めたポイントの使い方と残高確認法

ソフトバンクカードで貯めたポイントの使い方と残高確認法

ソフトバンクカードを利用すると、Tポイントが貯まります。Tポイントに対応しているお店でポイントを利用したり、携帯電話の通信料を支払ったりすることができます。

MEMO
コンビニなどの少額のショッピングといった様々な場面でTポイントをじっくり貯めることが可能です。Tポイントを使うことができる店舗では、通常店舗の2倍ポイントが貯まるため、よりお得にカードを利用することができます。

ソフトバンクカードはクレジットカードやポストペイ式の電子マネーとは異なり、後払いではないため、残高確認も忘れてはいけません。チャージ残高の確認方法も合わせて解説していきます。

Tポイント提携先にて利用する

Tカードの機能を持ったソフトバンクカードは、Tカードとして、Tポイント提携先で、ポイントを利用することができます。

注意
Tポイント提携先それぞれで、支払いに対するポイントの付与率に違いがあります。Tカード公式サイトにて、提携先のレートを一覧で確認することができるため、あらかじめ確認しておきましょう。

Tポイント提携先には多くのお店がありますが、1ポイント1円のレートが基本レートとなっています。

Tポイントはソフトバンクカードにチャージできる

Tポイントはソフトバンクカードにチャージできる

Tポイントを使いたい店舗やサービスがなかった場合に、「どのようにTポイントを使おうかな」と迷う方もいるでしょう。Tポイントを現金にして、カード残高にチャージすることが可能です。現金チャージすることで好きな店舗やサービスの支払いに使うことができます。

MEMO
100Tポイントで85円のレートでTポイントチャージができます。還元率は若干低く設定されているため、Tポイントをどの用途で使いたいかを考え、チャージを検討する必要があります。

ソフトバンクのスマホなら利用料金に使える

ソフトバンクユーザーであれば、携帯電話の通信料を、Tポイントを現金に換算して支払うことができます。Tポイントを使って、携帯料金を軽減することが可能です。携帯料金以外にも、機種変更や端末、イヤホン・カバーなどのアクセサリーの購入にも使用することができます。

携帯料金やアクセサリーなどにTポイントを使う場合、1ポイントで1円となります。ショッピングにTポイントを利用する予定がない方は、通信料などの携帯電話支払いをTポイントで賄うのがおすすめです。

ANAマイルに変換も可能

ANAマイルに変換も可能

TポイントをANAマイルに変換することもできます。ショッピングの機会が多い方は、ポイント交換によって、旅行を楽しむことも可能になります。Tポイント500ポイント単位で、ANAマイル250マイルに変換することができます。旅行が趣味の方は、ANAマイルの変換がおすすめです。

チャージ残高の確認方法

ソフトバンクカードは、ソフトバンクカードアプリを利用して、残高の確認や残高のチャージを行います。ソフトバンクカードアプリのトップで、チャージ残高を確認することができます。

MEMO
チャージ残高表示の横には、チャージアイコンがあるため、チャージ残高が不足している場合は、チャージアイコンをタップ・クリックしてチャージすることができます。チャージ方法の画面で、Tポイントの貯まり具合が表示されます。

チャージ残高の確認と合わせて、ポイントも確認し、ポイントの利用方法を考えてみましょう。

まとめ

ソフトバンクカードは、Visa提携店舗で使うことができるため、コンビニやスーパー、飲食店など様々な場面で利用でき、ポイントも貯まり、非常にお得です。Tポイントは、Tポイント提携先での支払い、現金に変換してチャージ、携帯料金の支払いに利用可能で、幅広い活用方法があります。

チャージ残高が不足していると、支払いできないため、チャージ残高のチェックも欠かせません。ソフトバンクカードの使い方を把握して、お好きなポイント交換先を選んでみましょう。