電車バス通勤には必須のSuica付きクレカはどれを選べばいい?比較してみた!

クレジットカードにSuicaをプラスして移動にも便利なカードに

みなさんこんにちは。毎日電車やバスで通勤・通学されている方は大変多いかともいます。特に首都圏では車よりも電車の方が便利で利用する人が多いと思います。朝の通勤ラッシュで人でごった返す駅でSuicaで余裕の改札スルー!と思いきや残金不足で改札を通れず、恥ずかしさと憤りを感じた経験は誰しもあることでしょう。

今回はそんな悩みも解決してしまうこれを持っていれば間違いない!というSuica付きクレジットカードをランキング形式で紹介したいと思います!

都内最強の交通系ICカードSuica

進学や就職、転勤などで首都圏に引っ越す方も多いと思いますが、首都圏の通勤・通学に欠かせないのがSuicaを始めとする交通系のICカードです。発行元の会社や地域によってSuica、PASMO、ICOCAなど様々な種類の交通系ICカードが発行されていますが、Suicaはその中でも特にJR東日本発行の電子マネーです。東京メトロや私鉄などJR以外の電車やバスを始め、東京近郊・首都圏以外の地方の移動でも使うことができるのでキャッシュレスで移動できます。

移動だけじゃないSuicaで買い物も!

コンビニ、スーパー等電子マネーの支払いのできる店舗でのちょっとした買い物でもSuicaをつかうことができる非常に便利なツールです。

純Suicaは簡単に発行可能

基本となるクレジットカード機能の付かない通常のSuicaカードは500円のデポジットで発行し、現金やSuica機能付きのクレジットカード(VIEWカード)の支払いでチャージするタイプのカードです。その他に先述のSuica機能を付帯したクレジットカードや、クレジットカードに支払いを紐付けるモバイルSuicaがあります。

SuicaはApplePayも対応

Apple PayのSuica イメージ

モバイルSuicaは搭載した携帯電話があれば電車代やちょっとしたショッピングもすることができ、行き先によっては携帯1つで出掛けられてしまうので手放せないという方も多いでしょう。新幹線もチケットレスでタッチアンドゴーで乗れてしまうこと、定期券の購入やチャージを専用のアプリでさっとできてしまうのも魅力です。もちろん後述する「オートチャージ機能」も使えます。ただし、VIEWカード以外のカードでモバイルSuicaを登録すると年会費が税込み1030円かかる点、おサイフケータイ対応機種の携帯電話以外では使えない点には注意が必要です。モバイルSuicaはVIEWカードでの支払いであれば当面年会費は無料です。

あなたはSuicaのチャージで損していませんか?

Suicaは駅やコンビニで現金でチャージしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、Suicaは現金でのチャージではポイント等の還元がなく、全く得することができません。現金でのチャージだけの利用であれば、Suicaでなく他の交通系ICカードと機能は大きく変わりません。Suicaをお得に使いたおすためにおすすめなのがSuica機能付きのクレジットカード(VIEWカード)です。

「ビュー・スイカ」カード イメージ
Suica機能付きクレジットカードとは、Suica一体型のクレジットカードであり、クレジットカードとSuicaの機能がひとつになったカードのことです。通常のクレジットカードとしての決済ももちろん可能で、クレジット払いとSuica払い(事前にチャージが必要です)、利用する場所や金額によって決済方法の使い分けができて非常に便利です。
Suica機能付帯のクレジットカードの一番の特徴は、Suicaの残高が一定金額以下になると自動的にチャージしてくれる「オートチャージ機能」です。このオートチャージ機能があれば、改札を通る時に残高不足で止められて気まずい思いをしたり、チャージするためにわざわざ時間を掛けて並ぶ必要が無いので、Suicaの残高不足に悩まされることはもうありません。Suicaオートチャージは、2018年春より「自動改札入場時」に加えて「自動改札退場時」にも適用されるようになり、さらに使いやすく進化しました。
また、通常SuicaのICカードを購入する際には500円のデポジット(払い戻し可)が必要となりますが、Suica機能付きクレジットカードを発行する際にはデポジットは不要なので、カードの年会費次第ではSuicaのみのICカードを持つより確実にお得だといえるでしょう。
Suica機能付帯のクレジットカードには様々な種類がありますが、いったいどのように自分に合ったものを選べばいいのでしょうか。自分が何を重視するか、またライフスタイルによって選び方が変わってきます。

主に通勤・通学で利用する人

定期券を付帯可能なクレジットカードを選ぶのがおすすめです。通常の買い物でのポイント還元率は0.5%ですが、定期券の購入やオートチャージでポイントが3倍と貯まりやすくなります。通勤通学の途中での買い物もSuicaで支払えば、Suica付きクレジットカード一枚を持っていれば財布を持ちあるく必要もありません。

提携の店舗で買い物をする頻度が高い人

イオン・ルミネ・ビックカメラのいずれかを利用する機会が多い人は、イオンカード、ルミネカード・ビックカメラカードのいづれかにSuica機能を付帯するのがおすすめです。Suicaでの支払いや買い物で提携店舗のポイントが高還元で貯まり、さらにVIEWカードのポイントであるJREポイントも貯まるのでうまく使えばポイントを二重や三重に取得することができ、非常にお得です。また、イオンやLUMINEなどの店舗では定期的にクレジットカードによる支払いが割引になるセールを開催しています。

旅行や出張が多い人

言うまでも無く自分が乗る機会の多い航空会社のマイルが貯まりやすいカードにするべきです。JALカード、ANAカードを代表とした航空会社系のクレジットカードは海外旅行保険や補償・優待が充実していますし、マイルも貯まりやすくなっています。また、たまったマイルをSuicaポイントを始め、様々な特典に交換することも可能です。また、クレジットカードのクラスによって空港内のラウンジを使えるなどの特典もあります

それでは具体的にどのカードを選ぶべきか考えていきましょう。4種類のSuica機能付きクレジットカードを総合的な還元率やお得度の観点からランキング形式でおすすめしていきます。

Suica付きクレカ ベスト4

それではランキングの方をいていきたいと思います!

※あくまで個人的な意見の1つとして参考にしていただけたらと思います。

4位LUMINEカード

ルミネカード イメージ

Suica付きクレカ第4位は、LUMINEカードです。LUMINEカードの年会費は953円(税抜き)で初年度年会費は無料です。日本国内に住む18歳以上の方なら申し込むことができます。(ただし高校生は不可)

初年度年会費無料
支払い方法は1回、ボーナス一括、分割、ボーナス併用、リボルビング(繰り上げ返済可)の中から選ぶことができます。国内や海外の旅行保険機能が付帯していること、ETC機能をつけることが可能なので、旅行好きのかたにもおすすめです。
通常の買い物でのポイントの還元は0.5~1.84%程度ですが、ルミネでのショッピングが常に5%オフになるほか、年に数回開催されるルミネセールでは全品10%オフになるなど、ルミネでのショッピングが大変お得になります。一部ブランドの化粧品や、書籍など基本的に割引のない商品でも一律10%オフになるので、LUINEによく買う服飾ブランドがある、書籍をよく購入する、使い付けの化粧品が割引対象外やオープンプライスのブランドである人はLUMINEカードを選ぶべきでしょう。LUMINE店舗の他、ネットショッピングのアイルミネやNEWoManでのショッピングも常に5%オフとなります。これは商品自体が割引になるわけではなく、クレジットカード会社の方で割引分を負担しているという仕組みになっています。いづれにしても10%オフは大きいですね。

ilumine イメージ

ネットのルミネストア「アイルミネ」でも常に5%オフ!また、LUMINEカードは定期的にカードの入会キャンペーンを行っているので、入会を考えている人はそのタイミングを狙うといいでしょう。現在の入会キャンペーンは新規入会で500円分のポイント付与や、入会後の利用でさらに1500円分のポイント付与を受けられるという内容で、2018年9月30日で終了です。それ以降でもLUMINEセール時や通常時でも店頭や入り口で入会キャンペーンのブースが建っていることが多いです。

3位ビュー・スイカカード

「ビュー・スイカ」カード イメージ

Suica機能付きカードおすすめ第3位は、ビュー・スイカカードに決めさせていただきました。ビュー・スイカカードの年会費は本人会員、家族会員ともに477円(税抜き)で、日本国内に住む18歳以上の方が申し込むことができます。必ず電話連絡がとれることが条件です。未成年者は保護者の承諾が必要で、高校生は不可です。家族会員は本人会員と生計を一にしていることが条件であり、本人会員と同一姓の配偶者、両親、子供(18歳以上、高校生不可)が対象です。
支払い方法は1回、ボーナス一括、分割、ボーナス併用、リボルビング(繰り上げ返済可)から選ぶことができます。旅行保険の付帯やETCの申し込みはもちろんのこと、ICチップを搭載していること、家族会員の申し込みができることはルミネカードに対するアドバンテージとなっています。

自動販売機 イメージ
また、ビュー・スイカカードの最大の特徴は「定期券機能」がつけられることです。この点で、ビュー・スイカカードは通勤や通学でSuicaを検討している方の第一候補となるでしょう。
通常のポイント還元率は0.5~1.84%とルミネカードとおなじですが、ビュー・スイカカードはJREポイント(旧ビューサンクスポイント)が1000円の買い物につき5ポイント貯まります。さらに定期券の購入やオートチャージの際にはポイントが3倍になり1000円につき15ポイントになります。また、ビュー・スイカカードを使って切符を購入したり、チャージを場合にもポイントは3倍になります。
貯まったポイントはSuicaにチャージすることで運賃や定期券購入、ショッピングにと幅広く使うことができます。
ビュー・スイカカードも入会キャンペーンを頻繁に開催しているので入会はタイミングを狙ってするのがいいでしょう。また、駅改札の外などで入会用のブースが立っていることも多いので手軽に入会することができます。現在の入会キャンペーンは2000円相当のポイント還元や、ポイント還元のキャンペーンに応募ができるといった内容で、2018年9月30日で終了の予定です。

2位イオンスイカカード

Suica機能付きカードおすすめ第2位は、イオンスイカカードです。
イオン・スイカカードのはイオンカードとSuica機能がひとつになった便利なカードで、年会費は無料です。全国のイオン・マックスバリュー・ダイエー・イオンモールなどでのショッピングで200円に付き2ポイント、通常のショッピングで200円に付き1ポイントの「ときめきポイント」が貯まります。つまり、イオン・スイカカードを使って提携店舗で買い物をすると還元ポイントが通常の2倍ということです。また、オンラインでのショッピングの際「ときめきポイントタウン」というオリジナルのポイントサイトを経由することでポイントが最大21倍になります。対象店舗が約450店あるので、イオン・スイカカードの入会を検討している方には一度チェックすることをおすすめします。
20日・30日のイオン感謝デーではショッピングが5%オフと日々の買い物が大変お得になります。また、毎月10日の「ときめきポイントデー」でイオン・スイカカードで貯まるときめきポイントが2倍になります。

イオンスイカカードは何気にSuicaを使う人に損していると気づかせてくる特典満載のカード


貯まったポイントはSuicaポイントにかえられるほか、ネットショッピングに使ったり、募金したり、バラエティ豊かな商品と交換できるなど、たくさんの選択肢があります。
また、リボ払いでの支払いが一定額になったり、現金が必要なときにキャッシングができたりと、クレジットカードとしての機能も非常に優秀です。
日々の生活の中で使う場面の多いカードであり、他のイオン系のカードのときめきポイントとポイントを合算することができるので、身近にイオン系のスーパーがあって利用する機会の多い方、インターネットショッピングを頻繁にする方には非常に使い勝手の良いカードでよしょう。
ただし、イオン・スイカカードでのSuicaへのチャージは還元率が0.25%と低めなので注意が必要です。Suicaをチャージしてショッピングに使うことでポイントの多重取りを狙っている方には後述のビッグカメラSuicaカードをおすすめします。
ビュー・スイカカードも入会時の大きなキャンペーンがあるので入会を検討している方はそちらもぜひチェックして下さい。現在のキャンペーンはオンラインでの入会申し込みで最大6000円相当のときめきポイントを還元するなどの内容で、2018年9月30日で終了予定です。

年会費
初年度2年目~
無料無料
申込み条件
18歳以上(学生可)
発行までのスピード
2~3週間程度
今がチャンス!ここから申し込むとお得な入会特典
ご入会&ご利用特典で最大6,000円分のときめきポイント進呈(2018年11月30日入会受付分まで)

1位ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード イメージ

Suica機能付きカードおすすめ第1位は、ビッグカメラSuicaカードを選ばせていただきました。
ビッグカメラSuicaカードはビッグカメラ・コジマ・ソフマップでの買い物が非常にお得になるクレジットカードです。日本国内に済む18歳以上のかたが申し込むことができますが、未成年者は親権者の同意が必要かつ高校生は不可です。
年会費は初年度無料、2年目以降は477円(税抜き)ですが、前年度にクレジットカードの利用があった場合は翌年度の年会費は無料となるので、VIEWカードの中では唯一実質年会費が無料にできるクレジットカードなのです。年に一回以上クレジットカードで買い物をする方やオートチャージ機能を使う方は持っておいて損はないカードでしょう。
支払い方法は1回、ボーナス一括、分割、ボーナス併用、リボルビング(繰り上げ返済可)から選ぶことができ、通常のショッピングや食事、公共料金の支払いなどでの利用でも1000円に付きビッグカメラポイント5ポイント、さらにJREポイントが5ポイント貯まるので非常にポイントが貯まりやすいカードです。このように「2種類のポイントが同時に貯まる」のがビッグカメラSuicaカードの一番の強みです。つまり、普通に使っていても、ビッグカメラポイント0.5% 、JREポイント0.5%、つまり1%の還元率となるのです。
貯まったビッグポイントは1500ポイント=1000円分のSuicaチャージに使えます。ただし、この場合のポイント還元率は0.8%となり、その他のVIEWカードのに比べての還元率は未だ高いものの、ビッグカードSuicaの中では還元率がやや低くなることに注意しましょう。また、JREポイントは1000ポイント=1000ビッグポイントに交換することもできるのでビッグカメラでの買い物予定がある時はビッグポイントとしてショッピングに使うことも可能なのです。
定期券の購入やオートチャージの場合、JREポイントは3倍となり、ビュー・スイカカードと同じ還元率となります。また、JRE加盟店で使うことによって、JREポイントが貯まりやすくなります。

ビックカメラ イメージ
そして、忘れてはならないのがビッグカメラでのお買い物です。ビッグカメラSuicaカードで支払いをすることで基本10%と高い還元率でビッグポイントがたまります。
さらに、ビッグカメラでのショッピングで「クレジットカードやオートチャージ機能を使ってチャージしたSuica」を使って支払うことによって、さらにポイント還元率をアップするという裏技もあります。まず、ビッグカメラSuicaカードのクレジット機能を使ってSuicaにチャージすることでチャージ分のJREポイント(1.5%)が貯まります。次にチャージしたSuicaでビッグカメラでのショッピングの支払いをすることで、さらに10%のビッグポイントの還元をうけ、合計で11.5%とのポイントを貯めることができるのです。ポイントの多重取りができるビッグカメラSuicaカードならではの使い方ですね。

ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットチャージするとJRE POINT1.5%ポイント貯まる!+ビックカメラのお買い物でチャージしたSuicaでお支払いなら現金払いと同率の基本10%ビックポイントサービス!!

また、提携のコジマやソフマップでもこの方法で現金払いと同等のポイント還元プラスJREポイントの還元を受けることができます。
ただし、Suicaのチャージは入金は何度でもできますが、上限が20000円となっており、一度の買い物で使えるSuicaカードは1枚までとなっているので注意が必要です。少額のお買い物や、20000円以内のお買い物には有効でしょう。長々と書きましたが、ビッグカメラSuicaカードはビッグカメラポイントが常時大量取得でき、同時にJREポイントがたまる、通常の支払時にもビッグポイントとJREポイントの二重取りができる、さらに定期券や切符の購入でJREポイントの還元優遇を受けられるなどのメリットがたくさんあると言えます。
引っ越しや転勤、結婚など人生の節目では大型家電やパソコンなど大きな金額の買い物が増えますので、そんなときにはうまくビッグカメラSuicaカードを使って効率的にポイントをためてはいかがでしょうか。
ビッグカメラSuicaカードも入会キャンペーンを定期的に開催しています。現在の入会キャンペーンは4000円分のポイントキャッシュバックで、2018年9月30日までです。入会の際はキャンペーンの有無をぜひチェックしてみて下さい。

貯まったポイントで移動できる!?ビックカメラSuicaカードの特徴と使い方まで!

Suica付きクレジットカードを紹介したものの…

ここまでSuica機能付きのクレジットカードのベスト4について解説してきました。総合的なお得度で1位から4位をご紹介しましたが、冒頭で述べたとおりSuica付きクレジットカードはあくまで自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

ショッピングよりも通勤通学が中心で日々のちょっとした買い物くらい使う

こういった人には、お財布ないのカード類を減らすことのできる「ビュー・スイカカード」が第一候補になります。都内のちょっとしたお出かけならカード1枚でのりきれるなんてこともありますね。

LUMINEを始めとする駅ビルでの買い物や書籍の購入額が多い

こういった方には買い物がお得になるLUMINEカードを始めとする駅ビル系のクレジットカードがおすすめです。LUMINEカードはルミネ系列のショッピングが5%オフ、アトレカードは3.5%オフとなり、単純に割引率はLUMINEカードに軍配が上がりますが、当然自分が買い物に落とす額が大きいショッピングビルの方でクレジットカードを持つほうがポイントは貯まりやすいです。(アトレビューSuicaカードは2018年6月に募集を終了し、以後はJREカードに切り替わっています)また、イオン系列では買い物単価は比較的落ちてしまいがちですが、日々のショッピングや飲食、映画などのエンターテインメント系まで幅広くカバーしていますので、一気にポイントを稼ぐと言うよりはコツコツ貯めたいかたにも向いているといえます。

ベストSuica付きクレカ総まとめ

ご紹介した4種類のSuica付きクレジットカードの中でもポイント還元率が飛び抜けて高く、唯一条件付きで年会費実質無料となるのがビッグカメラSuicaカードです。年会費無料を維持するための条件も年に一回クレジットカードを利用するという非常にクリアしやすいものです。Suicaをオートチャージに設定して、普通に使っていれば難なくクリアできるでしょう。ビッグカメラSuicaカードはその他のSuica付きクレジットカードの通常のポイント還元率が0.5%なのに対し、ビッグカメラSuicaカードはビッグポイントとJREポイントの二重取りができることから、ポイント還元率が2倍の1.0%となっています。さらに前述したとおり、20000円までならクレジット機能でチャージしたSuicaでのショッピングでポイントが最大11.5%と破格の還元率となるので、Suica付きのクレジットカードの中では最も「還元率」と「年会費」の面でお得であるといえます。また、ビッグカメラSuicaカードはビッグカメラ以外でのお買い物の場合以外では、Suicaでの支払いをすることによりポイントを最大限に貯めることができます。これは前述の通り、Suicaのクレジットカードによるチャージでのポイント還元率は1.5%となるうえ、通常のショッピングに対してのポイントが1.0%つくので、通常のお買い物であっても2.5%のポイントが付くためです。
特に就職や結婚、転勤などの新生活の準備をする際には、クレジットカードを活用すれば、Suicaのチャージ、Suicaでのショッピング、クレジットカード利用時のポイントとポイントを二重にも三重にも獲得することができます。そしてそのポイントを自分のほしいものを買ったり、日々の家計の足しにしたり、あるいはSuicaのチャージに使ったりと幅広く使うことができます。自分のライフスタイルに合ったSuica付きクレジットカードを選び、Suicaを最大限に使いこなし、上手にポイントを貯めることができるでしょう。