東急カードClubQ JMBの特徴、メリット・デメリットまとめ

この記事を読んで分かること

  • 東急カードClubQ JMBの基本情報
  • 東急カードClubQ JMBのサービス・付帯特典
  • 東急カードClubQ JMBのメリット・デメリット

東急カードClubQ JMBは東急グループとJALが提携して発行するクレジットカードです。

東急グループは百貨店やホームセンターなど様々な店舗さらに、主に東急電鉄で利用が可能な交通系ICカードであるPASMOなども運営している会社でもあります。

とても大きな会社が発行しているクレジットカードであるため様々な優待サービスや機能が付帯しているものとなっています。

この記事では東急カードClubQ JMBの性能やメリット・デメリット、実際に利用している人の口コミについても書いているので、このカードに興味がある人、詳細が気になる人にとって読む価値があるものとなっています。

最初にこのカードの基本情報について紹介します。

東急カードClubQ JMBの基本情報

年会費
初年度2年目~
無料1,000(税別)
申込み条件
20歳以上で、本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
発行までのスピード
2~4週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

他のカードと比べての特徴

東急カードClubQ JMBの他のカードと比べての大きな特徴は、やはり東急グループで利用するとポイントがたまる東急カードに、クレジット機能、さらにJALグループの航空会社および、JMB提携航空会社でたまるJALマイルがたまるJMB機能が搭載しているフルスペックなクレジットカードです。

さらにオプションで申し込み時に東急カードClubQ JMBと東急カードClubQ JMB PASMOを選ぶことができます。

その上、東急ホテルズの優待を受けることができる会員のコンフォートメンバーズ付きのカードもオプションとしてつけることができます。

様々な機能

東急カードClubQ JMB PASMOを選ぶと東急カード、JMBカード、クレジットカード、PASMO、コンフォートメンバーズの機能がオールインワンになった5IN1のフルスペックなカードとなっています。

様々な機能が付いていることがこのカードの一番大きな特徴です。

詳細についてはこの記事を最後まで読めばわかります。

東急カードClubQ JMBの年会費

年会費は東急カードClubQ JMB、東急カードClubQ JMB PASMO、東急カードClubQ JMB(コンフォートメンバーズ付き)、東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)の4つ全ての年会費は同じです。

これほど機能が付帯しているにも関わらず初年度年会費無料で 2年目から1,080円と安いです。

月々で年会費を計算すると90円ととてもお得だとわかると思います。

さらに初年度年会費無料なので、1年間無料でとりあえず発行してみて、気に入らなければ年会費がかかってしまう翌年度に解約するという「お試し」をすることができます。

この記事では選べる東急カードClubQ JMBの年会費は全て同じなので、東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)に付いて説明していきます。

東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)以外のカードはカード名に書いていない機能が使えないという認識で間違いないです。

注意

東急カードClubQ JMBであればPASMOとコンフォートメンバーズの機能が使えません。

年会費
初年度2年目~
無料1,000(税別)
申込み条件
20歳以上で、本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
発行までのスピード
2~4週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

東急カードClubQ JMBのポイントについて

東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)の利用でたまるポイントは3種類です。

1つずつ大まかに説明していきます。

TOKYU POINT

基本的な利用で還元されるポイントはTOKYU POINTです。

東急カードClubQ JMBのVisaまたはMastercard加盟の東急グループ以外のお店でもプレミアムポイントとしてTOKYU POINTが最大1%貯まります。

利用は普段のスーパーやコンビニなどのちょっとした買い物や月々の携帯料金、電気・ガス・水道などの光熱費の支払いでもTOKYU POINTは還元されるので、普段の支払いを東急カードClubQ JMBで支払うことでポイントが貯まり、現金で支払いを行うよりもお得です。

注意

注意点として還元率が1%にするには、カードを発行する際に「ご利用代金Web明細サービス」に登録する必要があります。

インターネット申し込みの場合は自動でご利用代金Web明細サービスに登録されます。

これは利用代金明細をWebサイト上から確認するサービスです。

TOKYU POINTは基本的にカード利用代金の1%の還元ですが、東急グループでの利用やPASMOの定期券購入ではポイントの還元率がアップします。

ボーナスポイントについては「サービス・付帯特典」の項目で詳しく説明します。

貯まったポイントは?

1ポイント=1円分として、東急百貨店・東急ストア などの東急グループで使ったり、PASMOにチャージして電車やバスに乗ることもできます。

TOKYU POINTの使い道としてオススメなのは、PASMOへのチャージまたは東急グループの店舗で利用することです。

PASMOへのチャージは1ポイント=1円分として、10円単位で交換することができます。

交通費は普通に生活していると絶対にかかってくる費用であり、交通系ICの交換は利便生が高く、使い安いです。

さらにTOKYU POINTが利用できる東急グループは東急百貨店、東急ハンズ、青葉台東急スクエア、渋谷ヒカリエなどです。

東急カードClubQ JMBを発行を考えている人は当たり前ですが、東急グループの店舗の利用が多い人だと思います。

東急グループ店舗で1ポイント=1円として利用できるのはやはり、メリットが大きいです。

ポイント有効期限

TOKYU POINTの有効期限はTOKYU POINTの有効期限は、ポイントの加算日から最長3年間です。

2016年1月1日~12月31日までに貯めたTOKYU POINTは2018年12月31日(月)に失効されます。

有効期限が3年とTOKYU POINTは長く、長期的にポイントを貯めて大きな買い物ができるのもいいです。

東急カードClubQ JMBはJALマイルが貯まる

東急カードClubQ JMB PASMOにはJMBとはJALマイレージバンクのことで、JALマイルがたまる会員のようなものです。

登録することでそのアカウントにマイルが還元されるので、東急カードClubQ JMB PASMOの発行の申し込み時にアカウント番号などの登録をする必要があります。

JALマイルを貯める方法

主にJALグループ航空会社、提携会社の飛行機の利用やJALの世界各地15,000件以上の提携ホテル、温泉旅館、宅配サービスやレンタカーの利用になります。

還元率などもどのサービスを利用するかで異なりますが、例えば飛行機利用のフライトマイルであれば、搭乗した区間に定められた「区間マイル」と利用運賃に対応した「マイル積算率」から算出され、還元されます。

提携航空会社

・ブリティッシュ・エアウェイズ

・フィンエアー

・イベリア航空

・カタール航空

・ロイヤルヨルダン航空

・S7航空

・エールフランス航空

・エミレーツ航空

・ジェットスター・ジャパン

・キャセイパシフィック航空

・マレーシア航空

・カンタス航空

・スリランカ航空

・大韓航空

・中国東方航空

・バンコクエアウェイズ

・アメリカン航空

・LATAM航空

・アラスカ航空

・ハワイアン航空

これらの提携航空でも「区間マイル」と利用運賃に対応した「マイル積算率」から算出され、還元されます。

ホテル利用のマイル還元は国内ホテルの場合はJALが運営しているJALイージーホテルや提携している楽天トラベルルルブトラベル、一休.comなどの穂ている予約サイト、海外ホテル予約はエクスペディアやHotel .comなどの提携サイトを利用することで還元されます。

他のサービスもJALの公式サイト(https://www.jal.co.jp/jmb/index02.html)から提携しているサービスを利用するとマイル還元を受けることができるのです。

注意

貯めたマイルの有効期限は36ヶ月後の月末です。

一方、主なマイルの使い道はやはり、JALの飛行機の航空券との交換でしょう。

JALマイルは使い方によっては1マイルの価値が1〜15円になる価値が変動するポイントです。

なぜかというと、航空券の値段というのもシーズンやタイミングによって異なります。

一方でJALマイルで交換できる航空券は交換の必要マイル数が基本的に一定で、現金で支払う場合とマイルで交換する場合を比較してみて1マイルの価値が決まってくるのです。

注意

JALマイルは楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントに移行も可能ですが、移行レートがとても悪いので、他社ポイントへの移行はおすすめしません。

コンフォートメンバーズポイント

コンフォートメンバーズ付きの東急カードClubQ JMB を選んだ場合、全国の東急ホテルズでの宿泊やホテル内のレストラン・バーでの利用金額100円(サービス料込・税抜)ごとにコンフォートメンバーズポイント5ポイントが貯まります。

また、1年間(1月~12月)の累計獲得ポイント5,000pごとに1,000pのボーナスポイントをプレゼントされます。

獲得された各ポイントの有効期限は各ポイントが加算された日から翌々年の12月31日となり最長3年であり、1ポイントを1円分の支払いとしてホテルで利用することができるのです。

東急カードClubQ JMBの国際ブランド

東急カードClubQ JMB PASMOは発行の際にVIsaかMasterCardの国際ブランドどちらかを選ぶことができます。

注意

東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)はMasterCard限定となっています。

国際ブランドとは、クレジットカードの支配の決済システムを24時間365日、世界中で提供しているブランドです。

国際ブランドの表記はクレジットカードの表面の右下の大きくされています。

それぞれの国際ブランドが別の決済ネットワークを使っており、店舗によってどの国際ブランドと提携しているかで決済ができるかが変わります。

例えばVISAのクレジットカード決済しか取り扱っていない店舗ではJCBなどのカードでは支払いができません。したがって地域によって国際ブランドごとに強い地域、弱い地域が出てきます。

Visa、MasterCardともに世界No.1、No.2のシェア率を誇り国内はもちろん世界中で利用できる加盟店が多いのも特徴です。

東急カードClubQ JMBの申し込み資格について

東急カードClubQ JMBの公式ホームページの「よくある質問」で審査はありますが、18歳以上であれば、学生、主婦、パートやアルバイトの方でも申し込みが可能と記載されています。

18歳以上であれば、申し込み可能で発行することができるクレジットカードですので、審査の難易度は厳しくないことがわかります。

このカードの興味があるのであれば、審査を気にせずに申し込みを行うことをおすすめします。

東急カードClubQ JMBは家族カードも

東急カードClubQ JMBは追加カードとして家族カードを発行することができます。

年会費

家族カードの年会費は一枚324円(税込)です。

家族カードとは本会員の家族が発行できるカードのことです。家族カードを持っている会員のことを家族会員と言います。

家族会員は本人会員のクレジットカードと同じサービスを利用でき、請求は本人会員の口座から一括引き落としされ、利用分をまとめることができ家系の管理が簡単になります。

さらに家族カードで利用した代金分もポイントが貯まり本会員がTOKYU POINTを利用することができます。

東急カードClubQ JMBはETCカードも

東急カードClubQ JMBの追加カードとしてETCカードを発行することができます。

ETCカードの年会費は永久無料です。

ETCカードとは?

ETCシステム(電子料金収受システム)を利用して有料道路を通行した際に、通行料金を精算(決済)するためのICカードです。

料金所でお金を用意して支払う手間がなくなり、自動でクレジット決済となります。

キャッシュレス、スムーズに有料道路を利用することができます。

さらにETCカードの利用分も100円につき1TOKYU POINTが還元されるので、東急カードClubQ JMBを発行するのであれば、一緒にETCカードの発行をおすすめします。

東急カードClubQ JMBのサービス・付帯特典

TOKYU POINT 加盟店

東急カードClubQ JMBを東急百貨店で支払いまたは、提示でTOKUPOINTが還元されます。

これは東急カードClubQ JMBの優待特典であり、通常還元率の1%以上が貯まります。

還元率は年間買上げ額ごとのポイント付与率がアップします。

10万円未満だと3%、10〜50円未満だと5%、50〜100万円未満だと7%、100~300万円だと10%となります。

東急百貨店での年間お買上げ額に応じて、翌年の還元率が3%〜10%までアップします。

対象店

・渋谷・本店

・渋谷駅・東横店

・渋谷ヒカリエ ShinQs〈シンクス〉

・HINKA RINKA 〈ヒンカリンカ〉 銀座

・吉祥寺店

・たまプラーザ店

・さっぽろ店

・町田東急ツインズ イースト1階(レ・シ・ピ町田)

・日吉東急アベニュー 本館1階 食品売場

・二子玉川 東急フードショー

・レ・シ・ピ青葉台

・武蔵小杉 東急フードショースライス

・東急フードショースライス 目黒駅店

・東急フードショースライス 自由が丘駅店

・mikke〈ミッケ〉東急プラザ蒲田店

・東急百貨店ネットショッピング(クレジットでのご利用に限る)

上記がポイント付与率アップする店舗です。

注意点として食品、セール品は一律1%の還元です。

電車とバスで貯まる TOKYU POINT

電車とバスの利用でも、TOKYUPOINT がザクザク貯まります。

1つ目はPASMO定期券の購入です。

東急線の定期券うりば、駅券売機にてPASMO定期券を購入の都度、ポイントが貯まります。

東急カードClubQ JMBの場合は12ヶ月分まとめて買える定期券である「東急線いちねん定期」の購入で3%、「1・3・6か月定期券」で1%です。

2つ目はPASMOオートチャージサービスです。

東急カードClubQ JMBはPASMOへのオートチャージの設定が可能です。

オートチャージとは?

支払い後の残高が設定金額未満になった場合に自動的にクレジットカードからチャージ(入金)するサービスです。

PASMOの残高が設定金額未満になるとチャージされるので、チャージのし忘れで改札を通過できずに困ることがなくなります。

さらに、東急カードClubQ JMBからのオートチャージはチャージ金額の1%が還元されます。

交通系ICのチャージ分も還元されるクレジットカードは少なく、オートチャージ可能で1%も還元されるのは東急カードClubQ JMBの大きなメリットです。

TOKYU POINT モール

TOKYU POINT モールとは、とは会員専用で利用できるショッピングモールサイトです。

TOKYU POINT モールを経由して・・・

いつものオンラインショップにアクセスしていつも通り買い物することで、ショップのポイントはもちろん最大、15%のポイントが還元されます。

つまりTOKYU POINT モールを経由するだけで通常よりも多くポイントが付与されます。

どれほどのポイントがプラスで還元されるかは各ショップによって異なります。

モールサイトをカード会社が運営できる理由は提携しているショップから広告費としてのお金を一部カード会員にポイントとして還元しているからです。

東急バスへの乗車で貯まる

東急バスへ月5回以上乗車された方の中から抽選で毎月109名様に1,000ポイントが当たります。

注意

注意点としてIC定期券乗車およびIC1日乗車券購入・乗車も対象となります。

1枚のICカードで同時に複数人が乗車した場合は1回の乗車が対象です。

登録したPASMOまたはSuicaで東急バスを利用し、東急バス及び東急トランセICカード対応路線のバス車載器の読取り部にタッチして乗車した場合のみが対象となります。

土休日に東急バスに運賃を支払って月の乗車回数が5回毎にもれなく10ポイントが貯まります。(月で最大50ポイント)

毎日バスを利用する人には嬉しいボーナスポイントです。

のるレージでのるるが貯まる!

東急線で下車するたびに「のるる」が貯まります。

貯まった「のるる」に応じて会員ランクが上がり、アイテムに交換できたり、素敵なプレゼントに応募できるなど、いいコトいっぱいです!

JALタッチ&ゴーサービス

これはJALグループのサービスです。

よくJALの国内線を利用する人には大きなメリットがあります。

JALタッチ&ゴーサービス

空港でチェックインせずに保安検査場へ直行して、飛行機に乗れるという画期的なサービスです。

JALタッチ&ゴーサービス利用の流れは航空券の予約・購入の際に予約詳細画面からタッチ&ゴーサービスが利用可能か確認し、出発時刻の15分前までに空港で保安検査場へ直行し、東急カードClubQ JMBを専用のリーダーにタッチするだけでチェックインが完了し「ご搭乗案内」が発見されます。

その後出発時刻の10分前まで搭乗口で改札機に東急カードClubQ JMBをタッチして通過すると飛行機に乗ることができます。

東急カードClubQ JMBにはこのJALタッチ&ゴーサービスの専用ICチップが埋め込まれているので利用できるのです。

注意

このサービスの注意点として、預け荷物がある場合あらかじめチャックインカウンターで預ける必要があります。

このサービスは、預ける荷物がない場合、保安場に15分前に行けば飛行機に乗れるというものであり、飛行機にのるためにかかる時間を大幅に省力することができる便利なものです。

忙しいビジネスマンにぴったりです。

東急カードClubQ JMBの付帯保険

東急カードClubQ JMBには付帯保険で国内・海外旅行傷害保険が付いています。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は旅行代金を事前に東急カードClubQ JMBで全額支払いいすると、自動的に適用されます。

保険が有効になる条件

公共交通乗用具に乗客として搭乗中の事故の場合、宿泊施設に宿泊客として滞在している間の宿泊施設内での事故の場合、宿泊を伴う募集型企画旅行(パックツアー)に参加している間の事故です。

補償内容は傷害死亡で最大1000万円までされ、後遺障害も程度により30万円~1,000万円が補償されます。

この保険はカードの本会員以外にも会員と生計を共にする同居の親族にも本会員と同等の補償内容が適用されることです。

つまり東急カードClubQ JMBを持っているだけで家族に起きた旅行中のトラブルもカバーできるのです。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険も旅行代金を事前に東急カードClubQ JMBで全額支払いいすると、自動的に適用されます。

補償期間と補償内容

補償期間は海外旅行の目的をもって自宅を出発したときから自宅に帰着されるまでの間です。

補償内容は最高ケガによる死亡・後遺障害で最高1,000万円です。

他にもケガによる治療費用、病気による治療費用、携行品の損害 、賠償責任 、救援者費用も補償内容であり、会員が負担する費用を、カード会社が負担してくれるのです。

年会費
初年度2年目~
無料1,000(税別)
申込み条件
20歳以上で、本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
発行までのスピード
2~4週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!

東急カードClubQ JMBのメリット・デメリット

これまで東急カードClubQ JMBについての情報を紹介してきましたが、この項目では、このカードのメリット・デメリットについて改めて箇条書きにして紹介します。

東急カードClubQ JMBのメリット

  • 5IN1
  • 付帯保険がついている
  • 東急百貨店でポイント10倍
  • オートチャージ

東急カードClubQ JMBのデメリット

  • 年会費がかかる

年会費が1,080円かかるので、カード発行にお金を払いたくない人にとっては、おすすめしません。

しかしこれらのメリットがある中、1,080円は安くコストパフォーマンスは高いです。

  • 東急グループ以外のメリットが少ない

優待特典は東急グループ店舗しかありません。

なので、東急グループ店舗の利用がほぼない人にあまりメリットがありません。

東急カードClubQ JMBの口コミ

実際にこのカードを利用している人の口コミを価格 .comから引用します。

「Web明細にすればショッピングは基本が1%ポイント還元で、ハンズや百貨店、ストアなど東急グループならそれとは別でさらにプラスでポイントがたまります。

またPASMOオートチャージでも他鉄道にはない1%還元です。

特に気に入っているのがネットモールが充実していてネットモール経由なら例えばヤフーショッピングなら1%のポイントがプラスですから還元率は2%に!さ

らにヤフーショッピングのTポイント1%別でつきますからいつでも3%は還元なのでよく利用しています。楽天市場も同様の還元率です。

また専用スマホのアプリですぐに支払額とポイントが確認できるのも便利ですね。

ポイントはグループでの使用やマイルにかえるだけでなくチャージできるのがいいですね。

特にPASMOだけでなくSuicaにも駅のチャージ機でチャージできるのもありがたいです。

年会費が利用一定額いけば無料とかすれば言うことないんですがね。でも年会費払っても十分元はとれます。」

 

「やはり東急沿線に住むか勤めている人には、ベストなカードかと思います。

一般カードはシルバーが多い中、青系でデザインされていて好感が持てます。

東急系とJALマイレージの機能を色々持っているのでメインカードになりそうです。」

 

「普段は還元率の高い楽天カードを使うのですが、東急沿線や地下鉄利用時のオートチャージだけを目的に加入しました。

自動改札を通るたびにパスモの残高を気にする小さなストレスから開放されて満足してます。

あと、定期券もまとめられるのも財布がかさばらなくてナイスです。」

東急カードClubQ JMBのまとめ

東急カードClubQ JMBをもし発行するのであれば、東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)を発行することを強くおすすめします。

東急百貨店などの利用がたとなくても、PASMOを持っている人は年会費1,080円でPASMO以外の機能がつくと考えると安いのではないでしょうか?

東急電鉄は東京都南西部から神奈川県東部に路線を展開しており、その周辺で住んでいて、この路線を利用する人にとっても、定期券購入、オートチャージがお得でとてもおすすめです。

東急カードClubQ JMB PASMO(コンフォートメンバーズ付き)であれば、東急カード、JMBカード、クレジットカード、PASMO、コンフォートメンバーズの5つが1枚のカードで利用できるとても便利なカードです。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)の特徴・メリット・デメリットまとめ

以上、東急カードClubQ JMBの特徴、メリット・デメリットまとめ…という話題でした

年会費
初年度2年目~
無料1,000(税別)
申込み条件
20歳以上で、本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
発行までのスピード
2~4週間程度
今がチャンス!お得な入会キャンペーン実施中!