大学生でも作れる持っておくべきおすすめクレカベスト4

この記事を読んで分かること

大学生が持つべきクレジットカードや利用するための注意事項やメリットなどをお伝えします。

大学生になったらクレジットカードデビューをしよう!初クレカおすすめランキング!

みなさんこんにちは!ボイデンと申します!

大学生になると、高校のころとは比べものにならないくらい、お金を自分で管理する場面が各段に増えます。

たとえば、一人暮らしを始めた人は光熱費や携帯代の支払いにカード決済が便利です。ネットショッピングや通販での支払いも、カードで済ませればいちいち口座からお金を引き落とす必要はありません。

また、大学生になって友人と海外旅行に行くなんてこともあるでしょう。

海外はクレジットカードでの支払いがデフォルトです。ホテルによってはクレジットカードが無ければ泊れないなんてことも……。

つまり、大学生にとってクレジットカードは、普段の生活や遊びの面で欠かせない重要なツールなのです。

クレカ会社もその辺の事情はしっかりと把握しているようで、大学生でも作りやすいカードは世の中に沢山提供されています。中には大学生だからこそ作りやすい、なんてカードもあります。

大学生という時期は、クレジットカードデビューするにあたってベストタイミングと言えるでしょう。

しかしながら、やみくもにカードを選んでしまうのは大変危険です。

クレジットカードの発行には審査がつきものです。

また、クレジットカードにはグレードが用意されており、簡単にまとめると以下のようになります。

ベーシックカード 一定の収入が必要
ゴールドカード 一定の収入と信用が必要
プラチナカード 平均以上の収入と信用が必要
ブラックカード 上位数%の収入と絶大な信用が必要

ゴールド以上のカードを初めて持つクレカとして選ぶことはほぼ不可能です。親が相当な資産家でカードを子供に貸してあげている、という状況ならわかりますが、自分自身の資産や収入でゴールド以上のグレードを持っている大学生はかなり珍しいでしょう。

実は、大学生にとってベーシックカードの発行すら難しい場合があります。

アルバイトをしていたとしても、年収100万もいけば多いほうです。しかしながら、この程度の年収だと、ベーシックカードも発行できない可能性が高いです。

つまり、クレジットカード会社が提供するオーソドックスなカードは、学生にとってはかなり高いハードルなのです。

それでは、学生はどのようにしてクレジットカードを手に入れればよいのでしょうか?

安心してください。そんな需要に応えるために、『学生向けカード』というものが世間には用意されています。

グレードとしてはベーシックカードよりも下ですが、支払いの面では全く同じ感覚で利用できます。

今回は、そんな学生向けカードにフォーカスをあて、大学生でも作りやすいクレジットカード4種類をランキング形式で紹介していきます。

ランキングの前に確認しよう!大学生向けカードのポイントをご紹介!

さて、ランキングを発表する前に、まず大学生向けカードのポイントついて確認しましょう。

これから紹介するポイントを頭に入れていただければ、より理解度が深まること間違いなしですので、ぜひご一読ください。

学生向けカードを利用するうえでポイントは以下の3点です。

利用ポイント!

・学生向けカードだけの利点を活用しよう

・初めてのカード申し込みで失敗しないための注意点

・発行後も気をつけて!注意すべきクレカの利用法

ポイント1:学生向けカードだけの利点を活用しよう

学生向けカードを利用するうえで意識きしておきたいこととして、学生向けカードにしかない利点を有効に活用する、ということが挙げられます。

実は、学生向けカードは大学を卒業し社会人になった後にベーシックカードにグレードアップすることを前提に用意されているものがあります。

クレカ会社にとっても、将来のユーザー増加のためにカード初心者の大学生を確保しておきたい、という思惑があるのです。

したがって、学生向けカードにはたくさんのメリットやサービスを用意していることがあります。主に挙げられる利点は以下の3つです。

~年会費格安、もしくは無料~

学生向けカードは年会費がかなり安めになっているか、完全に無料かのどちらかです。全く使わなくても年会費がかからないので、気軽に作ることができます。

~高ポイント還元率~

クレジットカードで支払いをすると、そのうちの数%がポイントとして還元されます。学生向けカードはこのポイント還元率が高い場合が多いです。ポイントは次回以降のショッピングで現金に変換できるので、普通に買い物をするよりオトクに利用できます。

~ベーシックカードへの優先的グレードアップ~

先ほども書きましたが、学生向けカードはベーシックカードへのグレードアップを前提にしているパターンが多いです。社会人になってよりグレードの高いカードを持ちたくなったとき、学生時代に使っていたクレカ会社のベーシックカードなら審査も通りやすくなる、といわれています。審査なしで切り替えられる場合もあり、既存ユーザーはかなり優遇されると考えてよいでしょう。

ポイント2:初めてのカード申し込みで失敗しないための注意点

さて、次は学生向けカードの申し込みで注意すべき点を紹介します。

カードの申し込みで失敗してしまうと、審査に通らず発行できない、なんてこともありえますので、しっかり意識しておきましょう。

申込みの注意点

・高校生NG

・成人かどうか・年齢制限

・支払い口座の確保

・利用可能枠の設定

~高校生NG~

学生向けカードの対象は、18歳以上の大学生および短大、専門学生になっています。高校生は18歳以上では申し込み基準外です。春から大学生になるので高校時代に早めにカードを手に入れたい!なんて思っていた方は残念ですが、ちゃんと大学入学を待ってから申し込みをしてください。

~成人かどうか・年齢制限~

学生向けカードは、学生の収入よりも両親の収入を支払いの根拠として扱っていることが多いです。したがって、未成年の場合は保護者の同意が必要です。あくまで支払いの義務は学生本人に課せられていますが、万が一収入が滞った場合は親へ請求が行きますので注意しましょう。

また、年齢制限はぼすべてが18歳以上となっています。39歳以下などの上限が設けられているパターンもあるので、高齢な学生の方は注意しましょう。

~支払い口座の確保~

クレジットカードを利用するためには、支払い口座があることが大前提です。

つまり、カードを申し込む前に、どこかの金融機関で口座を作っておく必要があります。

大手の銀行なら即日で口座を開くことができます。印鑑と身分証を忘れずに。

~利用可能枠の設定~

クレジットカードには利用可能枠という概念があります。クレジットカードは基本的に前払いのシステムですので、知らず知らずのうちに極端に大きな金額を使ってしまい莫大な請求が後から来る恐れがあります。利用可能枠とは、「1か月にいくらまで利用できるか」を設定することで、使い過ぎの危険性を防ぎます。

学生は収入が安定していないため、あまり大きな額は設定できず最大30万円としている場合が多いです。多いか少ないかは個人のご判断にお任せします。

以上の4点をふまえ、カードを申し込みましょう。申し込みの際、様々な情報を聞かれますので、嘘偽りなく正確に答えてください。

あとは審査に通ればクレジットカードが発行され、無事あなたもクレカユーザーの仲間入りです。

ポイント3:発行後も気をつけて!注意すべきクレカの利用法

最後に注意すべき点は、発行後のクレカの利用法です。お金がかかわるツールですから、一番意識すべきは発行後の利用法かもしれません。

利用法の注意

・リボ払いは原則避け、一括払いを心がける

・キャッシングは緊急時以外利用しない

・海外でのカード利用は注意する

・無理のない支払い計画を立てよう

~リボ払いは原則避け、一括払いを心がける~

リボ払いとは、『毎月一定額の支払いに抑える』方法ですが、一定の支払額を超えた場合は手数料が上乗せされる支払い方法です。毎月の支払を抑えられる一方で、トータルで見たら損をしている可能性も考えられます。学生にとって手数料レベルの違いも金銭状況にダイレクトに効いてきます。学生向けカードを利用している間は原則的にリボ払いは利用せず、一括払いを心がけましょう。

~キャッシングは緊急時以外利用しない~

キャッシングとは、簡単に言えばお金を借りることができる機能のことを言います。要は借金ですので、キャッシングをした時点で返済義務が生じます。学生本人に、アルバイトなどで収入がある場合のみ、キャッシング機能は付帯できます。キャッシング枠の上限も少なめで5万程度の少額であるケースがほとんどです。よっぽどの緊急事態でない限り、学生が利用するメリットは少ないと思われます。

~海外でのカード利用は注意する~

海外旅行先でのカード利用は注意しましょう。海外ではカードの読み取り装置に細工をして、磁気情報を盗み取り悪用するシステムがごくまれに存在します。大きなホテルや、ちゃんとしたレストランでは問題ないと思われますが、海外でカードを利用する際はそういったリスクがあることを十分注意して、現金もある程度持ち歩くことをおすすめします。

~無理のない支払い計画を立てよう~

クレジットカードは、該当月の利用額を翌月、もしくは翌々月に支払うシステムです。そのため、登録口座に入金されている金額が引き落とし額よりも少ない場合は、不足分の請求書が直接届きます。その際には手数料が要求されることがあります。さらに、この時点で払えなかった場合は延滞金が追加されてゆきます。つまり、支払いが滞れば滞るほど損をしてしまうのです。無理のない支払い計画を立てることで、損のない利用を心がけましょう。

 

学生向けカードだけの利点 年会費格安、もしくは無料

高ポイント還元率

ベーシックカードへのグレードアップ

カード申し込みの注意点 高校生NG

成人かどうか・年齢制限支払い口座の確保

利用可能枠の設定

注意すべきクレカの利用法 リボ払いNG、一括払いを心がける

キャッシングは極力避ける

海外でのカード利用は注意

無理のない支払い計画を

さて、学生向けカードを利用するうえでのポイントは以上です。これらを頭のどこかにとどめておいていただければ幸いです。

学生でも作れるおすすめクレカベスト4!

それではさっそく本題にまいりましょう!学生でも作れるおすすめクレカベスト4をランキング形式で見ていきましょう。

まずは第4位の発表です。

第4位  学生こそこのカードを持つべし!「学生専用ライフカード」

第4位にランクインしたのは、学生専用ライフカード。その名の通り、学生専用に作られたクレジットカードで、ライフカード株式会社が提供しています。決済ブランドはライフカードのほかに、mastercard、JCB、Visaなど主要3ブランドに対応しているため、幅広く利用できるカードといえますね。

年会費ももちろん無料。ただし、年齢制限が厳しめで「満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方」となっています。本当に学生だけをターゲットに作られたカードであることがよくわかりますね。

さて、学生専用ライフカードの注目すべきポイントは以下の3つです。

注目ポイント!

賢く使ってプレゼントをもらおう!ボーナスポイント盛りだくさん!

・海外志向の学生にぴったり!海外キャッシュバックと海外旅行傷害保険

・クレカ初心者にも安心のプログラムと毎月のプレゼントキャンペーン!

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

ポイント1:賢く使ってプレゼントをもらおう!ボーナスポイント盛りだくさん!

まず、学生専用ライフカードで着目すべき点は、たくさんのボーナスポイントが用意されている点です。このポイントシステムはLIFEサンクスプレゼントという独自の名前がついています。まず、基本ポイントとして、ご利用金額1,000円につき、1.0ポイントが与えられます。また、このポイントにはステージ制プログラムが用意されていて、利用額によっては最大2倍までのポイントをゲットできるようになります。さらに誕生日には基本ポイント3倍、さらに1年間の利用金額が50万以上なら300ポイント、新規入会キャンペーンで入会後1年間は1.5ポイント……などなど、賢い使い方をすることで多くのポイントを得られます。

さらに、このポイントが溜まったら、Webや電話からプレゼントと交換可能です!ポイントを沢山ためて、バラエティ豊かなプレゼントをゲットしちゃいましょう!

ポイント2:海外志向の学生にぴったり!海外キャッシュバックと海外旅行傷害保険

さらに学生専用ライフカードは、海外志向の学生に対するサービスが充実している点が魅力的です。まず1つ目に、海外ショッピング利用キャッシュバックというサービスが用意されています。このシステムを利用すれば、海外旅行でのショッピングに利用した額の5%がキャッシュバックされます。つまり、海外で100,000円の利用があれば、5,000円分がキャッシュバックされる計算です。カードの還元率は2.0%あれば高い方と言われていますから、5%という数字がいかに破格のキャッシュバックかがわかると思います。

また、学生専用ライフカードには海外旅行傷害保険が無料で付帯します。詳しい内容は以下の通りです。

補償内容 最高保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用等 200万円
個人賠償責任危険 2,000万円(免責金額なし)
携帯品損害 20万円(免責金額3,000円)

なんと最大で2,000万円も補償されます。万が一海外で怪我をしてしまっても安心と安全のサービスです。

ポイント3:クレカ初心者にも安心のプログラムと毎月のプレゼントキャンペーン!

学生専用ライフカードには、学生というクレカ初心者向けに安心と安全のプログラムが用意されています。まず、学生専用お問い合わせ窓口というサービスです。学生専用ライフカードの保持者なら誰でも利用でき、カード利用に関する様々な質問に答えてくれます。また、カード会員保障制度も用意されており、万が一学生専用ライフカードを紛失・盗難によって不正利用されてしまった場合、60日前にさかのぼりそれ以降の損害をライフカード株式会社が負担してくれます。

そして、ケータイ利用料金決済 de プレゼントを利用すれば、毎月の携帯利用料金を学生専用ライフカード支払いにするだけでプレゼントキャンペーンに参加できます。10人に1人の確率でAmazonギフト券(500円分)が当たります。携帯料金を支払うだけで500円が当たるのならば、利用しない手はありません。

ライフカードは庶民の味方!便利さが魅力のライフカードのメリットや特典を紹介

第3位 ポイントを貯めたい人におすすめ!「楽天カード」

第3位にランクインしたのは、楽天カードです。楽天カードマンのCMで目にする機会も多いクレジットカードです。決済ブランドもmastercard、JCB、Visaから選択するかたちで利用できます。日本国内ならば、どれも主要ブランドですので好みに合わせて選択すれば良いと思います。楽天カードの最大の特徴は、日本でも有数のIT企業である楽天が発行するカードであることから、ネットに強いことがあげられます。

そんな楽天カードを知るうえで押さえておきたいポイントは以下の3つです。

注目ポイント!

・超簡単のネット申し込み!スピーディで間口の広い審査

・楽天市場を使いたおそう!得られるポイントが最大3倍

・そのほか保険サービス&独自サービスも多々それでは、それぞれの特徴を抑えてみていきましょう。

日本一の使用率にはワケがある!楽天カードの使いやすさを徹底解明

ポイント1:超簡単のネット申し込み!スピーディで間口の広い審査

楽天カードの最大の特徴といえるのが、Web上での利用面においてかなりのメリットがあることがあげられます。発行母体がネットに強い企業なので、この点は他のカード会社には真似できない部分です。

楽天カードの申し込みはクレジットカード界でも1位2位を争う簡単さで有名です。ネット上で申し込みフォームを埋めるだけでクレジットカードの発行申請ができてしまいます。しかも、審査基準が「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」という間口の広い条件で、かなりの確率で審査に通ることが知られています。さらに、申し込みを受理してから発行までのスピーディさも特徴に挙げられ、約1週間ほどで手元に届きます。

サークルやアルバイトが忙しくて時間がない学生でも発行しやすい、学生目線のありがたいカードであるといえます。

ポイント2:楽天市場を使いたおそう!得られるポイントが最大3倍

楽天カードを利用するうえで、必ず覚えておいていただきたいサービスがあります。それが、楽天市場と連携したポイント還元サービスです。まず、楽天市場にもともと存在するサービスとして、1回のショッピングにつき1%の還元率で楽天スーパーポイントを得ることができます。ここで楽天カードによる決済をすれば、楽天カードご利用特典ポイントとして2%の還元率でスーパーポイントがアップします。さらに、楽天カードによる決済に伴い、1%の還元率ポイントが付いてきます。つまり、実質的に3%という還元率でポイントをゲットできるのです。この還元率はクレジットカード業界を見渡してみても、トップクラスの高還元率です。

なお、ポイントは楽天市場や楽天トラベルといった楽天が運営するサービスのほかに、サンクスやポプラなどのコンビニや、ミスタードーナツなどの加盟店でも利用することができます。

普段からネットショッピングをよくするような学生さんの方々は、楽天カードを持っておいた方が良いでしょう。普段使いはしなくても、楽天市場を利用するときだけ楽天カードという使い方でも良いかもしれません。

ポイント3:そのほか保険サービス&独自サービスも多々

楽天カードには、そのほかにもカード付帯の保険サービスが存在します。その詳細は以下です。

補償内容 最高保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用等 200万円
賠償責任(免責なし) 2,000万円
携帯品損害(免責金額3,000円) 20万円

また、ネットと連携したカードセキュリティサービスも充実していて、カードの利用時にメールで連絡してくれる「カード利用お知らせサービス」や、スキミング被害などによる情報漏洩からの不正利用を防止するための「ネット不正あんしん制度」などが用意されています。 もし仮に不正に利用されてもすぐにわかり、迅速な対応も可能であることから、クレカ初心者の学生さんでも安心して使えるセキュリティサービスだといえます。さらに、引き落とし先を楽天銀行に設定しておけば、翌月の普通預金金利が2倍に設定されます。

学生になりたての方は、銀行利用も初心者ということが多いですから、楽天カードと楽天銀行を連携させるだけで簡単に高い金利が得られることはとても喜ばしいことです。

第2位 学生向けカードの新定番はこれだ!「JCBカードW」

第2位にランクインしたのは、JCBカードWです。
世界的にも名の知れたカード会社JCBが発行するクレジットカードで、2017年10月に登場した新しいタイプのカードです。

「18歳以上39歳以下」という審査基準のため、他の学生向けカードに比べると年齢層が広めで、受けられるサービスのそれだけ幅広く対応しています。学生のみにターゲットを絞ったのではなく、若年層全体向けのカードであることを前面に押し出しています。そういった特徴を反映するかのように、若者ならではのメリットがたくさん用意されています。

まだ登場から間もないですが、さっそく若い世代からの注目を浴びているようです。

では、このカードが優れている点をみていきましょう。

注目ポイント!

・圧倒的ポイント還元率!オトクな使い方が盛りだくさん

若年層向けのサービスと数々の提携ショップ

・将来につながるバツグンのブランド力に期待をこめて

それでは、JCBカードWにおいて抑えておくべき3ポイントについて詳しくみていきましょう。

ポイント1:圧倒的ポイント還元率!オトクな使い方が盛りだくさん

JCBカードWは使用スタイルを工夫することで高いポイント還元率を実現することができます。通常のショッピングでは還元率1%というよくある値ですが、Oki DokiランドというJCBに特化したショッピングサイトを通じて利用することでボーナス+0.5%が加算されるので、合計還元率1.5%です。さらに、JCBカードWはAmazonやセブンイレブンとパートナーシップを結んでいます。たとえば、Amazonでのショッピングによってボーナス+0.5%が加算されるので、合計還元率はなんと2.0%です。

このレベルの還元率を超えられるのは、先ほどの楽天カードと楽天市場の連携ぐらいの非常に特殊なパターンでしか不可能ですから、かなりの高還元率であるといえます。

ポイント2:若年層向けのサービスと数々の提携ショップ

JCBカードWは若年層をターゲットにしているため、若者にフォーカスを当てた提携ショップを数多く持っています。以下に主な提携先と還元率を示しました。

提携先 還元率
Amazon 2.0%
セブンイレブン 2.0%
スターバックス 5.5%
イトーヨーカドー 2.0%
エッソ&モービル 1.5%

ネットショッピング、コンビニ、カフェ、スーパーマーケット、そしてガソリンスタンドと、まるで学生の生活をイメージして決められたような提携ショップの数々です。それぞれのショップが高い還元率であるため、決済でJCBカードWを使っていたらいつの間にかポイントがたくさん溜まっていた、なんてこともあり得ます。学生のライフスタイルにマッチしていて、さらに使えば使うほどオトクになる夢のようなカードです。

ポイント3:将来につながるブランド力に期待をこめて

JCBカードWは登場してまだ間もないカードです。2018年9月現在において、未だに登場から1年もたっていないクレジットカードですから、まだまだ発展途上の部分もあります。あくまで予想にはなりますが、提携ショップの数も将来的に増えていく可能性だってあるのです。

また、JCBカードWは天下のJCBが発行するクレジットカードですので、そのブランドイメージも高く、安定しています。学生の間はまだ気にならないかもしれませんが、クレジットカードを利用するうえでカードのブランド力は注目すべきポイントです。JCBカードWは、将来的にJCBが発行するベーシックカードやゴールドカードへのグレードアップもできますので、社会人になって収入が得られるようになってからステイタスの高いカードへの移行が有利に可能です。

充実した学生クレカライフの先に、社会人としてのスマートなクレカ利用を考えているならJCBカードWは賢い選択になるはずです。

第1位 安定と安心の「三井住友VISAデビュープラスカード」

第1位にランクインしましたのは、三井住友VISAデビュープラスカードです。

このカードは三井住友カードが発行しているカードです。決済ブランドはその名の通り、世界一の利用者を誇るVisaですので、国際的にも使いやすいカードです。学生専用ライフカードと同じように学生向けであることを強調しており、「満18歳以上満25歳以下」が審査条件になっています。学生用に特化したカードも存在しており、「三井住友VISAデビュープラスカード (学生)」という名前がついています。ただし、こちらは「満18歳以上満25歳以下」という条件のほかに、「大学・大学院・短期大学・専門学校に所属」している必要があります。

このカードについて押さえておきたいポイントは以下の3つです。

注目ポイント!

・ずばり圧巻のスマートさ!学生向けカードながらステイタス性も兼ね備える

・万全のセキュリティ対策。初めてのカードでも安心安全

・ワンランク上のカードへ自動ランクアップ。将来的なステイタスを保証

それでは、第1位に輝いた三井住友VISAデビュープラスカードの特徴をじっくり見ていきましょう。

ポイント1:ずばり圧巻のスマートさ!学生向けカードながらステイタス性も兼ね備える

三井住友VISAデビュープラスカードの最大の特徴は、学生向けカードらしからぬスマートさにあります。カードの表面には、パルテノン神殿が描かれていて、格式高いヨーロッパの雰囲気を漂わせるデザインになっています。他の学生向けカードはシンプルなデザインばかりですので、並べてみればその厳かな雰囲気が一目瞭然となるでしょう。三井住友カードというブランドイメージも相まって、簡単に持てるカードのわりに、ハイステイタスさを感じさせてくれます。

ここまで説明すると利用ハードルも高いと思われてしまうかもしれませんが、ご安心ください。年会費は1,250円(税別)と格安なうえ、年1回利用するだけで翌年度無料になります。

ポイント2:万全のセキュリティ対策。初めてのカードでも安心安全

三井住友VISAデビュープラスカードは、金融企業の三井住友が母体であることを活かし、セキュリティ面での充実度がかなり高いです。まず、本人承認サービスにはスマホ専用アプリによるワンタイムパスワードを利用したものがあります。さらに、カードの不正利用による損害額を補償してくれる「VpassID安心サービス」や、365日24時間稼働している不正検知システムなどを備えています。そのセキュリティ対策への意識の高さから、決済ブランドVisaが主導するアワードにおいて表彰されているほどです。

セキュリティ面で不安を覚えがちな学生向けカードですが、三井住友VISAデビュープラスカードにしておけばその心配はないでしょう。

ポイント3:ワンランク上のカードへ自動ランクアップ。将来的なステイタスを保証

そして最後に、三井住友VISAデビュープラスカードの一番の魅力をご紹介します。それは、ゴールドカードへの自動ランクアップです。三井住友VISAデビュープラスカードは待っているだけで満26歳時に三井住友VISAプライムゴールドカードというハイランクのカードになってしまうのです!三井住友VISAプライムゴールドカードはゴールドカードは年会費わずか1,620円ながらゴールドカードに引けを取らないサービスを受けることができるカード。格安で持てるゴールドカードとして大人気です。

さらには満30歳時には三井住友VISAゴールドカードに自動的にランクアップします。これは正真正銘のゴールドカード。つまり、、三井住友VISAデビュープラスカードを持っておけば、将来的にハイステイタスのカードを100%の確率で所持することができてしまうのです。

大学生におすすめクレカまとめ

大学生でも作れるおすすめクレカベスト4の紹介は以上です。

では最後にまとめてランキングを振り返ってみましょう。

ランキングをおさらい!

第4位 学生専用ライフカード
第3位 楽天カード
第2位 JCBカードW
第1位 三井住友VISAデビュープラスカード

学生さんたちはそれぞれのライフスタイルがあるでしょうから、必ずしも1位のカードではなくても結構です。この中から自分にあったカードを検討してみてください。

それでは、みなさんの学生生活にクレジットカードが大きな恩恵をもたらすこととを願って、この記事を終わらせていただきます。

それでは!