クレジットカードのCVVを徹底解説!

クレジットカードのCVVって何?確認方法は?

クレジットカードを利用すると店頭での支払いのほかに、ネットでのショッピングやチケットの購入時などがとても便利ですよね。

けれど「クレジットカードってなんだか不安」と感じている方は、意外と多いと思います。もしかしたらクレジットカードを利用している方の中にも、漠然とした不安を覚えている方もいるかもしれません。

そんな方に向けて、「クレジットカードの悪用例」と、その悪用例に対応するための「クレジットカードのセキュリティ」であるCVVについてご説明します。

クレジットカードとセキュリティ

CVVって何だろう?クレジットカードとセキュリティ

クレジットカードを利用するのは、とても便利ですよね。お店の支払いだけではなく、ネットショッピングにはもはや必須となっています。ちょっとしたamazonの買い物や、ファンクラブの会員費にいたるまで、クリックだけで簡単に支払いをすませることができます。

MEMO
そんな便利なクレジットカードですが、気をつけることがあります。簡単に利用できる、というのは「悪用するのも簡単である」ことの裏返しでもあるのです。データを盗めば、あなたになりすますことができます。

もちろん、クレジットカードにはセキュリティがあります。それが「CVV」と言われる数字のことで、この数字が「実際にあなたがそのカードを手元に所持している」ことの証明になります。

ではそんな「CVV」が一体何者で、どういう役割をしているのかご説明していきます。

CVVとは?

結論を先にいうと、「クレジットカードは不正利用防止のためにCVVが設定されている」ということです。

CVVの意味

CVVとは、Card Verification Valueの略のことです。それぞれの単語の意味として、Verificationは検証や証明といった意味、Valueは値という意味があります。つまりCVVとはカードを証明するための値という言葉になっています。

一般的にはカード照合値やセキュリティコードと呼ばれており、クレジットカードの裏面もしくは表面に印字されている3~4桁の数字のことを意味します。

オンライン決済の時に、「データだけのやりとり」だけではなく、本人が所持していることを確認するために設定された数字となっています。

過去にヨーロッパ等で「架空のカードの取引」を阻止するために取り組みが行われ、磁気情報以外のワンランク上のセキュリティとして誕生しました。

CVVの仕組みや用途

CVVのコードは、カードを発行したときに生成され、カード会社のみが知る情報となっています。カードの情報を暗号化し、十進法にして数字で表しています。

CVVは「カードの不正利用の防止」を目的として設定されています。ここでいう「カードの不正利用」とは主に、スキミングとよばれる手法によりカード情報を不正に入手され、利用されることを示しています。

MEMO
スキミングにより、カードの磁気データだけで、カードを利用されないようにするために、磁気データ以外のセキュリティ、つまりCVVを設定しています。

オンライン決済を利用するときに、「名義人」や「クレジットカードの番号」、「有効期限」を入力したあとにCVVを入力する項目が現れます。また、サイトによっては購入するたびにCVVの入力が必要な場面もあります。

CVVの確認方法

CVVが記入されている場所は、カード会社によって異なるため、種類を分けてご説明していきます。

一般的に日本で利用されているVisa、MasterCard、JCB、Diners Club、Discoverのカードに関して、CVVは裏面に印字されており、3桁の数字となっています。また、数字が7桁で表記されている場合は、下3桁がCVVの役割を果たします。

American Expressのカードに関しては、カードの表面に印字されています。

CVVはネットショッピングをする際に必要

CVVはネットショッピングをする際に必要

ネットショッピングは大変便利です。クレジットカードを利用すれば、支払いまでクリックだけで済ませることができます。しかし、ショッピング時にあなたの確認をすることができません。

MEMO

つまり、情報があれば簡単にあなたになりすますことができる、ということです。そんなことありえない、とお思いでしょうか?「カードの情報を盗まれ、不正使用された」という出来事は、日本だけではなく世界的にありふれたできごとなのです。

その対策として導入されたのが「CVV」です。CVVは「あなたの証明」、つまり手元にカードを持っているということを証明します。

ネットショッピングでCVVが必要とされるワケ

ではなぜネットショッピングでCVVが必要なのでしょうか?それは「あなた自身の証明をするため」というお話と関係しています。

注意
クレジットカードの不正利用の手段の1つとして、「スキミング」というものがあります。スキミングとは、スキマーと呼ばれる装置でクレジットカードの情報を抜き出し、不正に作ったカードを使用することを言います。スキマーは、薄型のものから、ATMに設定されているものまで、さまざまなタイプのものがありますが、スキミングに気が付く事は大変難しいです。

仮にクレジットカードがスキミングされても、CVVは磁気データではないため、記録されることはありません。そのため、CVVにはクレジットカードの不正利用を防ぐ役割があります。

CVVを入力し、「クレジットカードの使用者=所持者」という確認をしていることになります。

フィッシング詐欺には要注意!CVVが盗まれた事例も

CVVは磁気データタイプの不正使用に対応したセキュリティで一定の効果はありましたが、もちろん弱点があります。それは「使用者が自分でCVVを教えてしまう」場合です。

MEMO
フィッシング詐欺という手法があります。悪徳業者が巧妙に類似したサイトを作成し、そこに情報を入力させる詐欺のことです。入力する情報には、住所や氏名、電話番号などの「個人情報」や、サイトのログインパスワード、それからクレジットカードの情報などがあります。

この方法では、持ち主が自分の意思で情報を入力してしまうため、防止するのが難しいとされています。アカウント情報が盗まれてしまえば、他人になりすましショッピングや有料サービスを利用することもできてしまいます。

また、いくらクレジットカードはCVVというセキュリティがあるとしても、その数字を入力してしまえば、クレジットカードの悪用が可能です。

注意
スキミングの技術以上に、このフィッシング詐欺の手法は巧妙化しており、より利用者の感情を煽り立てるようなものになっています。例えば、「よく利用しているサイトに見た目がとてもよく似ている」であるとか、「情報を入力しないと、パソコンが壊れる等、脅迫をされる」などの場合があります。

これらは振込み詐欺と同様に、「ターゲットの冷静な思考を奪う」ことを得意としています。

「自分は詐欺にあわない」と思わずに、個人情報やクレジットカードの利用時には、一度疑うことが大切です。見知らぬメールアドレスからメールがきた場合や、身に覚えがない場合は、インターネットを利用して類似の報告がないか探すなどをしてみてもよいかもしれません。

詐欺の常とう手段は、「まず相手の思考力を奪う」ところから始まります。焦って情報を入力する前に、インターネットで確認をしたり、信頼できる人に相談するなど、落ち着くための時間をとりましょう。

まとめ

MEMO
年々、オンラインショッピング等が便利になったり、また日本では政府がキャッシュレス化を進めるなど、ますますクレジットカードの重要性が高まっていっています。クレジットカードは手軽に決済を行うことができるため、これからもっと普及していくことが予想されています。

ただクレジットカードは口座と直結しているので、気をつけて管理しないと、見える額以上に請求されるなどの、悪用が考えられます。

そんな風に、便利なクレジットカードを安心して使うために、CVVの意味をしっかりと理解し、他人に教えたりフィッシングサイトでうっかりと漏らすことのないよう、ちゃんと管理していきましょう。

以上、クレジットカードのCVVを徹底解説!…という話題でした!